特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2017年05月04日

やっと新しいノートパソコンが買えました笑






 この間弟に「高けぇじゃねーかよ!!!」と横槍入れられたせいであやうくHPのやつ買わされそうになったけど、今回やっと富士通のノートパソコン(2台め)を購入することができました。

会員割引で約16万8千円。
さんざんいろいろな販売サイトを見て、悩みに悩んだ結果の選択でした。
でも、いざモノが届いたらまた弟が「高けぇ!!!!!」ってガタガタ文句言いそうだな(呆れ)

ただ、ゴールデンウィークの弊害で、HPのノートパソコンの購入のキャンセル手続きが5月8日以降になってしまうのが痛いところです。
最初から富士通にしていれば、こんな面倒なことにならずにすんだんですけど。
「安くていいものは絶対にある」という幻想にとりつかれている人は本当にろくなことしてくれないです。

自分一人で幻想を追いかけるのは勝手で、それはそれでかまわないんですけど、その幻想に基づいて人の買い物にまでケチをつけてくるんですから迷惑ったってありゃしませんわ。


ま、いくら「安くていいものはある。あるに決まっている」という幻想を追いかけてみたところで、パソコン業界にはもうないってことはわかりきっているんですがね。

パソコンにはもう安くていいものなんて、ありません。それがあるようだったら途中でパソコンが壊れたりなんてしませんよ。



posted by gensou-choumazin at 10:10| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

一応HPにキャンセルするってメール出しといた GW中だから連休明け対応とか言ってるけど、こっちはちゃんと出したんだからな。もう金払わんぞ






 昨日HPのノートパソコン買おうとしたけど、あまりにも弟がブーブーガタガタうるさかったので結局キャンセルしました。
一応メールしといたが対応はGW明けだそうな。
まあいい、こっちはちゃんとメールしたんだからなコラ。あとで何言ってもびた一文払わんぞ。

結局、最初の富士通に戻ることになりました。
てゆーか、キャンセルの手続きするだけでも面倒なんだから、最初から「高けぇ!!」とか怒りながらガタガタ横槍入れてくるんじゃねーっての。本当に迷惑だ!!
大体、こっちは最初から富士通にする予定だったのに!!


もう富士通で確定だから、今度こそ文句言わせねーよ。
大体な、安くていいパソコンなんてもう買えるわきゃねーんだよ!!!!

安くていいものが買える時代はバブル期までで終わってしまったことを、うちのアホ弟はちっっっとも理解していません。
特にパソコンとか家電とかはその傾向顕著ですわ。


安さの裏には必ず手抜きがございます。
シナ産のパソコンなんか4年程度の使用で必ずどこか不具合が出てきます。以前買ったデルのもそうでしたし。

とにかく、安くていいものが買える時代はとっくに終わっています。
そのことをしっかり頭に入れてパソコンを買わないと、必ず失敗しますよ、マジで。
posted by gensou-choumazin at 10:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

HPのパソコン買ったら「オレがおすすめしないのに買いやがって、あとでぶつくさ文句言うんじゃねえよ」なんてネチネチネチネチ文句言われて嫌になったのでキャンセルすることにしました。






 今回は、パソコンについての揉め事というかなんというか。
最近はユーチューブ用の動画編集をすることが多いため、パソコンのメモリが16ギガも要るようになってしまって困っています。

ところが、メモリ16ギガを富士通のパソコンにのせて買おうとしたら会員割引をきかせても17万程度になってしまったため、弟が値段をきいたとたん「高けえじゃねえかよ!!!」と怒りだしました。


で、今日はもう一人の弟にも相談したところ「メモリに加え、グラフィックボードの性能が高いほうがいい」と言われたため、いろいろと悩んだ末にHPのOMENにしたところ、今度は「よりによってオレが一番すすめないメーカー買いやがって、あとでぶつくさ文句言うんじゃねえよ」なんてネチネチネチネチ、ぐちぐちぐちぐちとしつっこく文句言ってきました。

それで「じゃあいいよ、キャンセルするから」ってことにしました。はい。明日一番でHPにキャンセルするってメールしますわ。

頑丈な国内生産のパソコンを買おうとすると「高けぇ!!!」ってギャーギャー文句をいい、コストと性能を重視しようとすると今度は「すすめないメーカー買うんじゃねーよ」だもんな、やってられねーよ、ったく。
てめーの買い物じゃねーくせにいちいちガタガタうるせーったってww


うーん、やっぱり頑丈な富士通のやつにメモリ乗せるのが一番安全牌のような気が。
大体、富士通とパナソニック以外のメーカーのパソコンなんてシナ産が大半だから、どこの会社のもの選んでも同じだろ。



posted by gensou-choumazin at 23:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

軍学






軍学

軍学(ぐんがく)とは、用兵・戦術など、兵法に関する学問のことである。その研究者を軍学者と呼ぶ。

軍学と軍事学・軍事評論の違い

軍学は中国では古代に、ヨーロッパでは16世紀に、そして日本でも室町時代末期から江戸時代初期にかけ学問として体系化された歴史の古い学問である。
日本の江戸時代における軍学は、戦が無くなった平和な時代において、軍事的な知識を絶やさず継承するという目的を持つ学問であり、実戦にフィードバックされる機会はほとんど無かった。近世軍学においては天文学も重視されていた[1]。
近代に入ってからは軍事についての専門的な学問は「軍事学」と体系付けられたが、現代において「軍学者」を自称する兵頭二十八は、軍事(に限らずあらゆる分野)の問題について、解決のための論理を正しくあらしめるためには、軍事的(ないし当該分野の)専門知識だけでは全く不充分で、世界や社会・人間についての有り様を総体的にとらえた上で思考せねば単純で身近な軍事的問題の解も求め得ないとの立場から、スペシャリストとして軍事の評論をする「軍事評論」や軍事の研究をする「軍事学」を専門とせず、ゼネラリストの学問としての「軍学」の確立に尽力している[2]。
兵頭は、日本には太古の昔から「他人を理屈でもって公然と批判する」[3]文化は存在せず、フランスにおいて社会的地位を確立した「評論家」という存在は、日本ではおしなべてその紹介者である小林秀雄の系譜・ないし亜流に属すると唱え、それとは全く異なる日本独自の評論活動の系譜として山鹿素行、由井正雪らを挙げ、それらと基本構造を同じくするものとしての「兵頭流軍学」を体系化している。
タグ:軍学
posted by gensou-choumazin at 10:18| Comment(0) | 軍事用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする