特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2017年11月10日

そのオーバーキルはなんなんだよ!人をも殺せる殺傷力を持つ水中に潜む10の魚 Part2






そのオーバーキルはなんなんだよ!人をも殺せる殺傷力を持つ水中に潜む10の魚 Part2


 さて前回、人をも殺せる殺傷力を持つ水中に潜む10の魚リストを紹介したが、まだ他にもいるよというお話をしたかと思う。

 で、こいつらがそんなやつらだ。

 映画『ジョーズ』以来、サメの恐怖は人々の潜在意識の中に刷り込まれているが、世界の淡水や河口には海のサメにも匹敵する恐ろしい殺人魚が存在する。

 この記事はサメ恐怖症のあなたに対するショック療法になるかもしれない。怖い魚はサメだけではないのだ。多少の脚色はあるかもしれないが、とりあえず恐れておいて損はない魚たちだ。

10. ムベンガ

 あのピラニアすら金魚に見えてくる恐怖のクリーチャー。体長1.8メートル、体重31キロに達する淡水魚で、中央アフリカの河川に群れで潜んでいる。黄色い目をしたムベンガの口には5センチはある短剣のような歯が並び、大きな動物でさえ数秒でミンチにしてしまう。

 コンゴ川で起きる原因不明の死亡事故は邪悪な精霊の仕業と考えられてきたが、エクストリーム釣り師ジェレミー・ウェイドによってコイツが犯人であることが明らかにされた。


9. ピライバ


 余暇で訪れた生まれて初めてのアマゾン川で、あなたは釣り糸を垂れながら楽しそうにボートを漕いでいる。釣り竿に手応えがあり、60センチはあるシクリッドに違いないと興奮する。

 だが水中からヌッと顔を出したのは、体長2.7メートルの青黒いナマズであった。不安とプライドが交錯していたが、その口の中に人間の手らしきものが飛び出しているのを見て、一気に恐怖に変わった。

 南アメリカ最大のナマズ、ピライバだ。人間を含め、反り返った歯に食いつかれてしまえば、もはや逃げることは叶わない。


8. ゴーンチ


 インドとネパールの間を流れるカリ川では、謎の失踪や溺死事件が頻発していた。その死因については様々な噂が流れていたが、やがてカミソリのような歯を持つ体長2.1メートルのクリーチャーが発見された。ゴーンチは130キロもあるナマズの仲間で、人間の肉の味を覚えてしまったようだ。

 犠牲者は水中に引きずり込まれてから食われる。ある17歳の少年は恋人の目の前で襲撃された。遺体が上がることはなかったという。一帯には川に荼毘に付した遺体を捨てる習慣があり、そのせいで人間の肉の味を覚えてしまったようだ。


7. オニカマス


 生きる魚雷とも呼ばれるオニカマスの口には、7センチ以上の歯がぎらりと並ぶ。体長1.8メートルにまで成長し、体重は45キロを超える。輝く金属に引き寄せられる習性があり、柔らかい肉を持つ生き物を襲う。

 オニカマスの襲撃を避けるには、視界が悪い場所、マングローブや河口付近には近づかないことだ。またヤスを使った漁もつつしんだほうがいい。襲われれば、腱や肉などを切られ、あっという間に殺されるだろう。


6. ヨーロッパオオナマズ


 ヨーロッパにも悪魔のような殺人魚は存在する。ベルリン湖、スペインの貯水池、ロシアのヴォルガ川などを泳ぐつもりなら、考え直した方がいい。

 ヨーロッパオオナマズは体長3.9メートル、体重180キロ以上という巨体の持ち主。攻撃的な捕食者で、カミソリのような歯で獲物を捕らえる。

 どのくらいまで成長するのかはっきりと分かっていないが、これまでの証言からは体長6メートル、体重3トンを超える可能性が示唆される。最近ではドイツ人が大怪我をし、ロシアでは胃の中から人体が丸ごと発見されている。


5. ヒマンチュラ・チャオプラヤ


 東南アジアの淀んだ水の中には毒を持つ怪物が潜んでいる。有名なクロコダイルハンター、スティーブ・アーウィンは海で小型のアカエイに胸を刺されて亡くなったが、その針はヒマンチュラ・チャオプラヤのものに比べれば可愛いものかもしれない。

 体長4.8メートル、体重900キロを超え、おそらく世界最大の淡水魚である。20センチの毒針はサソリのように反り返っており、その体重ゆえに人を水中に突き落としてしまう危険性もある。万が一、川床と思って立っていた場所が動き出したなら……息を殺してじっとしていることだ。


4. マスキーパイク


 マスキーパイクによる死亡事故は今のところ報告されていない。しかしその不吉な兆候はある。体長2.1メートル以上に成長するコイツは、長い間恐れられてきた。

 このカマスの淡水魚版は、北半球の湖に潜んでおり、水鳥、マスクラット、スズキなどをいともたやすく引き千切る短剣のような歯が無数に生えている。

 噛まれれば大怪我は間違いなく、体重36キロもあるのだからそのまま水中に引きずり込まれる恐れもある。13歳の少女が襲われて引きずり込まれそうになった事例や、噛まれて大怪我をしたという漁師の事例がある。


3. デンキウナギ


 アマゾンの最上位捕食者であり、ほとぼしる電撃でウマをも殺す。ナマズの親戚であるコイツが放つ600ボルトの電流を喰らえば、人間だってひとたまりもない。感電死しなくても、水辺で失神すれば溺死の恐れもある。

 体長2.4メートル、体重22キロにまで成長し、安全に扱うにはゴムの手袋でもするよりない。水は電気をよく通すので、川を渡る行為は非常に危険だ。ドライヤーを浸した浴槽につかるようなものである。


2. アリゲーターガー


 アメリカ南東部の水域に潜む先史時代の怪物。体長3メートル、体重180キロを超え、大きな鱗や口にずらりと並ぶ牙のために、魚というよりはワニを思わせる。

 桟橋の上から足をバシャバシャさせていた男性がアリゲーターガーに襲われ、引きずり込まれそうになった男性がいる。彼はどうにか助かったが、あなたが必ずしも幸運に恵まれるとは限らない。

 アリゲーターガーによる死亡事故は確認されていないが、原因不明の溺死事故の犯人である可能性はある。日本でも滋賀県で繁殖の可能性があると2009年にニュースになった。同年、皇居のお堀でもガーが捕獲されている。


1. オオメジロザメ

 トリを飾るのは、そう、サメだ。が、通常のサメとはかなり異なり、体長2.1〜3.6メートル、体重270キロのこいつは淡水に潜む。しかも何千キロも川を遡上し、内陸のミズーリ州、イリノイ州、ケンタッキー州の湖にまで侵入するのである。

 濁った淡水において数多くの死亡事件を起こしている。サメの中でも特に攻撃的な性格をしており、あらゆる動物の中でも最高のテストステロン濃度を有している。それゆえ現生する魚の中では最も噛む力が強い。
posted by gensou-choumazin at 08:54| Comment(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

緻密な観測地点網とビッグデータを駆使し、正確な天気予報ができると評判のアプリ「ウェザーニュースタッチ」

 皆さんは天気予報、どうやって見てますか?
毎日の天気は特に重要ですよね。週末のお出かけや洗濯物をいつ乾かすかなど、気になるシーンは意外に多いです。

最近はスマホでも天気予報のアプリが充実してますが、そんな中でもよく当たると評判なのが、ウェザーニュースタッチです。↓



【調査】“当たる”最強お天気アプリはコレだった!!という記事におきましても天気予報アプリの中で最もよく当たるという結果が出ています。↓



ウェザーニュースタッチは、かなり本気で正確な予報を発表しようと努力しているところが好感が持てますね。
このアプリを提供している会社は気象庁のアメダスの10倍の13000カ所もの観測地点を持っていますので、気象データの取得数は相当なものです。しかも、スマホユーザーから怪しい雲の写真も送ってもらい、数キロ範囲のゲリラ豪雨の予測もできるというのですからたいしたものです。

緻密な観測網とビッグデータを駆使すれば、より正確な予報が出しやすいというわけですね。

正確な天気予報をスマホで知りたい、という方はぜひウェザーニュースタッチを利用してみてください。

※情報提供・レビューブログ様

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
posted by gensou-choumazin at 16:40| Comment(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我々の意識は別次元につながっている。別次元にある超常現象とアクセスしている(英研究)






我々の意識は別次元につながっている。別次元にある超常現象とアクセスしている(英研究)

英ロンドン大学クイーンメアリー校の数学者・天文学者バーナード・カー教授は、我々の意識と繋がっている深遠な次元が存在すると考えている。

 カー教授が想定しているのは、我々の意識と相互に干渉し合う別の次元のことだ。それは階層構造をしており、我々はその最下層に属しているという。

 超常現象、幽体離脱や臨死体験などは高次元に存在しており、我々は意識を介してその存在にアクセスしているのだそうだ。

 Euro-PAカンファレンスの講演概要にはこう紹介されている。

このモデルは、物質と心の関係に関するよく知られた哲学的問題に解答をもらたします。また時間の本質を明らかにし、幽霊・幽体離脱・臨死体験・夢といった現象を解釈するための存在論的枠組みすら提供してくれます

パラダイムシフト

 カー教授が問題提起するのは、既存の物理学がその筋の専門家の間で広く認められている超心理学的現象をまともに取り扱っていないことである。

 しかし教授によれば、現在は”超常”とレッテルが貼られてしまっている現象であっても、将来的には現在のパラダイムの中で説明可能であることが判明するだろうという。そして、そのためにはパラダイムに少々の変更を加えなければならない。

 しかし、新パラダイムはそれほど急進的なものではない。既存の物理的現実モデルですら、すでにパラダイムシフトを経ているからだ。


 例えば、我々が認識できるのは3次元までだが、アインシュタインの一般相対性理論は4次元を扱い、カルツァ=クライン理論なら5次元を扱う。さらにM理論では11次元の存在が前提とされている。

 カー教授が提唱する新パラダイムの根本的な特徴は、意識を取り扱っていることだ。なぜなら意識はすべての心霊体験の基礎であるからである。

 ”万物の理論”の完成が間もなくだと主張する(主流派の)物理学者は、意識について何ら触れることがないため、この時点ですでに彼らと対立している。


 新パラダイムのもう1つの特徴は、より高次元の現実構造を組み込んでいることだ。なぜなら多くの心霊現象(幽体離脱、臨死体験、幽霊など)おいて、ある種の共有空間が関連しているように思われるからだ。ここは物理空間と同じではないが、わずかに干渉している。

 カー教授が話すように、これが真実であることが明らかになれば、物理学・心理学・超心理学・哲学へのその影響は計り知れないだろう。
posted by gensou-choumazin at 08:45| Comment(0) | 最新・面白科学記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

なかなか言えない「NO」だけど・・・「ノー」を伝えるための4つのヒント






なかなか言えない「NO」だけど・・・「ノー」を伝えるための4つのヒント


 「ノー(いいえ)」を言うには勇気がいる。なんでも快く引き受けることができる理想の自分像を持っている人なら、できれば「イエス(はい)」と言いたいし、「イエス」と言える人間でありたいと思っている。

 だが「イエス」ばかり言っていると、それが重荷になり、かえって問題を抱える結果になってしまう。

 誰だって多少は自分の時間や好きなことができる余裕が必要なのだ。職場であれ、家庭であれ、友達と一緒にいるときであれ、ときに「ノー」と言っても、それは利己的などではないのだ。

 

 実際、「イエス」と言うことが、たとえそれが良かれと思っての発言であったとしても、利己的な選択であることもある。

 がっかりさせたくなくて「イエス」と言ったがゆえに約束の山が崩れてしまったときの方が、ずっと大きな失望感を与える。約束を破るくらいなら、「ノー」と断るほうがましだ。

 本当は手助けしたいと思っている場合でも、状況によっては「ノー」と言わなければならない。でもなかなか言えない。それは意思の強さの問題だろうか?

 そうではない。ある研究によれば、特に女性は仕事において役に立つボランティアであることを当然のように期待されているのだという。つまり「イエス」と答えても評価されないが、「ノー」と断れば評価が下がるのだ。

 「ノー」と言っても駄目、「イエス」と言っても望ましい結果にはならないのだから、まさに進退窮まった感じだ。だが、苦しみながら誰に対しても「イエス」と言い続けることは、長期的には現実的な戦略ではないだろう。


 そのようなとき役立つかもしれないヒントがある。

1. どこかで線引きしなければいけないことを忘れない

 いつも「イエス」と言い続ければ、あなただけでなく、周囲の人にも迷惑をかけるときが来る。問題はどこで線引きをするべきかということだ。それが今ではないのなら、いつ?


2. 尊敬している人ならこんなときなんというか考える

 友達や先生など、過去から現在までであなたが最も模範にした人を考える。そして、その人なら何とアドバイスしてくれるだろうかと想像してみる。「ノー」と言っても許してくれるだろうか?


3.ノーと言わなければならない状況を説明する

  手助けしたくないわけではないことを説明する。それどころか力になりたいのだ! だが新しいことを引き受けては、別の誰かをがっかりさせてしまう。我が身を守ることを考えるよりも、他人の利益を守ることを考えた方が、自分の立場を確かなものにしてくれる。


4. 将来に「イエス」と引き受ける姿を想像する

   断ったことで自責の念にかられることがあるかもしれない。将来的に手が空いたら頼みをきいてあげる自分の姿を想像しよう。これはあなたが不親切だから「ノー」と言っているわけではないことを思い出させてくれる。とは言え、今日の約束を逃れるために明日の約束をするというのは良くない。間違いなく果たせるものであるか注意しよう。さもないと、雪だるま効果となって、さらに負担が増えることになってしまう。


 信頼できる人物は己の限界を心得ている。有能で、親切で、信頼できる人物は、必要なときに「ノー」と言える人物だ。

 どうしても、ノーと言うと、相手を傷つけてしまうんじゃないかって思ってなかなか言えなかったりするよね。結果的にそれで気まずくなってしまったりもするので、ダメなものはダメ、無理なものはムリって言えるようにしたいね。
posted by gensou-choumazin at 09:42| Comment(0) | 心理学・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする