特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2017年10月14日

うつや不安症、強迫性障害やADHDなどの精神疾患と仕事中毒は関連性あり(ノルウェー研究)






うつや不安症、強迫性障害やADHDなどの精神疾患と仕事中毒は関連性あり(ノルウェー研究)

 ノルウェーの大規模な研究調査によって、仕事中毒(ワーカホリック)は注意欠陥過活動性障害(ADHD)、強迫性障害(OCD)、不安障害、うつ病などと連動して起こることがわかった。

 

 ノルウェー、ベルゲン大学の研究者たちが、1万6426人の仕事に就いている成人を対象に、ワーカホリックと精神疾患との関連を調査した。

 同大精神科学科のセシリー・ショー・アンドリーセンによると、ワーカホリックの人は、そうでない人よりも、精神疾患の症状を示す割合が高いという。研究によると、さまざまな精神疾患を抱える人の中でワーカホリックの人の割合は以下のようになるという。

・ADHDの32.7%(非ワーカホリックは12.7%)
・OCDの25.6%(非ワーカホリックは8.7%)
・不安障害の33.8%(非ワーカホリックは11.9%)
・うつ病の8.9%(非ワーカホリックは2.6%)

 異常なほど仕事を抱えてしまう人は、もしかしたら根深い精神や感情の問題を抱えているのかもしれない。

どっちが先かはまだわからない
だが、遺伝子的な脆弱性や精神障害が重なってワーカホリックが起こるのか、逆にワーカホリックが原因で精神障害を引き起こしているのか、どちらが先かははっきりわからないため、仕事中毒的な行動と関係する神経生物学的な偏差をさらに調査することが重要だという。

ワーカホリックの診断基準

 ワーカホリックには、7つの診断基準がある。研究者たちは、この7つの基準を使って、ワーカホリックと非ワーカホリックの間の線引きをする。

ワーカホリックチェックテスト

 以下の項目について当てはまるレベルを、1(まったく当てはまらない)、2(ほとんど当てはまらない)、3(当てはまる時もある)、4(たびたび当てはまる)、5(いつも当てはまる)までランク分けしてみよう。自分がワーカホリックかどうかわかるはずだ。

・もっと仕事をするための時間をいかに捻出できるかを考える。
・当初の予定よりも、仕事をしている時間が長引く。
・罪悪感、不安感、無力感、落ち込んだ感情をまぎらわすために仕事をする。
・いつも人から仕事量を減らすよう言われているが、聞く耳をもたない。
・仕事を妨げられるとストレスを感じるようになった。
・仕事優先で、趣味、余暇、運動は後回しにしている。
・仕事のしすぎで、健康に悪影響が出ている。

 4つ以上の項目で、4(たびたび)や5(いつも)のスコアがあるならば、それは立派なワーカホリックだ。突出性、気分の変化、葛藤、耐性、禁断症状、再発という、従来の中毒症状と同じように、ワーカホリックも扱われている。

 この結果ノルウェーでは、仕事に就いている人の7.8%が、正式なワーカホリックとして分類されるという。

via:eurekalert・mentalflossなど・translated konohazuku / edited by parumo

日本で調査を行ったらもっと多くの人がワーカホリックとして判定されそうな気配だ。

 ということでアンケートだ。
 大変申し訳ないがニート系列の方の参加はご辞退いただいちゃいたい。
posted by gensou-choumazin at 10:38| Comment(0) | 心理学・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

創造性と精神疾患に関連性。創造性豊かな人ほど精神に異常をきたしやすい傾向(スウェーデン研究)






創造性と精神疾患に関連性。創造性豊かな人ほど精神に異常をきたしやすい傾向(スウェーデン研究)

高名な芸術家の一部は波乱万丈な人生を送っており、精神障害に悩まされていたという話はよく耳にするが、傑出した特定の芸術家だけでなく、創造性が豊かな人ほど、双極性障害や統合失調症などの精神疾患を患いやすい傾向にあるということがわかったそうだ。また、その親族も精神疾患を抱えている可能性が高いという。

 スウェーデン・カロリンスカ研究所のシモン・クヤガ氏の研究チームは、約120万人に及ぶ精神科患者とその親族を調査した。統合失調症、双極性障害、うつ病やADHD、不安症候群に至るまで様々な精神疾患の患者が対象となった。

 その結果、作家や写真家、ダンサーなど、クリエイティブな分野で活動している人は、双極性障害を発症する可能性が8%ほど高いことが明らかになった。この傾向は特に作家に顕著で、一般よりも121%高く、自殺率も50%ほど高かったという。

 それだけではない。クリエイティブな職業の人々は、自分たちだけでなく、親戚にも統合失調症、双極性障害、食欲不振および自閉症などを抱えている可能性が高いこともわかった。


エドヴァルド・ムンクは、極端な才能と苦痛の間を常に彷徨っていた

 これは特に注目に値する点である。以前から、創造性と精神疾患が同居して遺伝するのではないかと指摘されてきたからである。有名な例でいえば、物理学者アインシュタインの息子や小説家ジョイスの娘は、統合失調症だった。

 そしてこの説はハンガリー・センメルベイス大学の精神科医ケリ・サボルチュ氏によって裏付けられた。サボルチュ氏が、128人の被験者を対象に「創造性テスト」を実施、その後に血液検査を行ったところ、創造性豊かな被験者は精神疾患に関連する遺伝子を保有している”という研究結果がでたという。


アメリカ人アーティスト、ジャクソン・ポロックは、うつ病やアルコール依存症に苦しんでいた。

 創造性と精神疾患に関連性があることは明らかになりつつある。では、いったいどんなメカニズムが身体に働いているのだろうか?

 オーストリア・グラーツ大学の神経科学者アンドレアス・フィンク氏らは、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)を使って統合失調症傾向の患者とクリエイティブな仕事をしている人の平常時の脳と思考中の脳の画像を撮影した。


強迫性障害に苦しんでいたミケランジェロ

 その結果、重い統合失調症傾向を患っている人と創造性豊かな人の脳内いづれも、思考中であっても注意と集中にかかわる部位とされる楔前部(けつぜんぶ)が活動を続けていたという。一般的には、複雑な課題に取り組むと、楔前部の活動が低下し、集中することを助けると考えられている。

 これは脳が、大量の情報を取り込む一方で、雑音となる情報を排除できないということを意味する。つまり、脳のフィルターが機能していないようなのだ。


 米国の認知学者スコット・バリー・カウフマン氏は一連の研究成果を受けてこう分析する。「大量の情報が入ってきて収拾がつかなくなり、脳内では奇抜な関連づけがなされる。すると、時として、創造的なアイデアに結びつくのではないか?」と。

 苦痛からとてつもない芸術作品が生まれる場合もある。だが、創造的な人が全員、精神的な疾患を抱えているということではない。

 スウェーデン・カロリンスカ研究所のクヤガ氏によれば、一部のダンサー、映画監督やビジュアル・アーティストなどは、一般の人よりも精神的な疾患を示すことは少なかったという。
posted by gensou-choumazin at 16:33| Comment(0) | 心理学・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

うちの猫はどれかにゃ?猫の性格は5つのタイプに分類できる(英研究)






うちの猫はどれかにゃ?猫の性格は5つのタイプに分類できる(英研究)


イギリス人研究者が約200匹の猫とその飼い主に“インタビュー”した結果、猫は大まかに5つの性格タイプに分類できるとする研究結果を発表した。

 英リンカーン大学のローレン・フィンカ博士は、猫の性格は「ヒト(Human Cat)」、「ハンター(Hunter Cat)」、「猫の猫(Cat’s Cat)」、「気難し屋(Cantankerous Cat)」、「詮索好き(Inquisitive Cat)」の5つに分けられると話す。それぞれの性格は、遺伝的要素に加えて、幼少期(成長期)から大人になるまでの間の環境や経験によって決定づけられるという。

 5つのタイプをそれぞれ見ていこう。
 さて、みんなの飼っている猫ちゃんはどのタイプだったかな?

1. ヒト猫


・人間と一緒に家の中で暮らし、飼い主と生活やパーソナルスペースを共有することに満足している。
・飼い主に、優しく頭をコツンとしてくるならこのタイプ。
・人間の膝に乗るのが好きで、よくフミフミする。
・ヒト猫に最適な家は、家族のメンバーが多い賑やかな家庭。
・たくさんかまってもらえて撫でてもらえるのがヒト猫にとっての幸せ。


2. ハンター猫


・ほとんどの猫には狩猟本能が備わっているが、このタイプは特にハンターとしての能力に優れている。
・おもちゃの中でも獲物(鳥や小動物、虫など)をリアルに再現したものに特に食いつく。
・おもちゃを噛んで離さなかったり、ケリケリしたりするならこのタイプ。
・ハンター猫に最適な家は、田舎の一軒家。車や都会に付き物の危険にさらされることなく、周辺を散歩できるのがハンター猫にとっての幸せ。


3. 猫の猫


・他の猫と良い関係を育むことに喜びを見出すタイプ。
・このタイプは小さい頃から他の猫と一緒に飼うことで、円満な多頭飼いが期待できる。
・兄弟や他の猫をよく舐めてグルーミングしてあげたり、鼻をくっつけあったりしていたらこのタイプ。
・猫の猫に最適な家は、若い共働きの夫婦など、留守にすることが多くてその間に猫同士で好きなように走り回れる家庭。


4. 気難し屋猫


・他の4つのタイプよりも総じて不満を感じやすく、警戒心が強くて人に触られることを好まない。
・人間との暮らしに慣れて快適さを感じるまで、時間と努力が必要。
・自分だけのスペースを必要とする。人間との定期的な交流を望んでいないわけではないが、ベタベタ触られるのは嫌う。
・日頃のケアにしても、自分から最初のアクションを起こしたいタイプ。


5. 詮索好き猫


・見慣れないものや人がいると匂いを嗅ぎ回る調べたがり。
・この傾向は遺伝子に加え、幼い頃から見聞きする光景や音、匂いに関係する。
・とにかく、自分のいる環境に目新しいものがあったら探索して調べようというのがこのタイプ。
・頻繁に人が訪れる家庭や、オフィス猫としても適応しやすい。
・ただし、目新しい箱やバッグや膝があったら、必ず入り込もうとするのでご注意を。

ラベル: 性格 タイプ
posted by gensou-choumazin at 08:51| Comment(0) | 最新・面白科学記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

人をも殺せる殺傷力を持つ水中に潜む10の魚リスト






人をも殺せる殺傷力を持つ水中に潜む10の魚リスト

魚で殺傷力?オーバーキル?と聞いたらサメが思い浮かぶかもしれないが、人類にとっての水中の脅威はサメだけではない。あの手この手で時と場合によっては人を死に至らしめるほどの能力をもつ魚も存在するのだ。

 一部都市伝説化されていたり脚色されている部分もあるかもしれないが、とりあえずその恐ろしい魚とやらのリストが公開されていたので見ていこう。

10. パクー



 サメの襲撃話には聞き覚えがあるが、それよりもっと恐ろしく、嫌な方法で殺しにかかってくる魚もいる。体長90センチ、体重25キロほどのパクーは、人間そっくりの歯を生やしている。

 もともとはアマゾン川で暮らしていたが、ゲームフィッシングのために他の地域に導入され、北アメリカやアジアでも見られるようになった。1994年、パプアニューギニアの漁師が2名が別々の場所で息子スティックを食いちぎられ、出血多量で死亡したという記録がある。

 だがパクーが息子スティックを狙って噛みつくというのはおかしな話だという専門家の見解もあるので、確かにかまれたんだろうけどそれは息子スティックではなかった可能性もある。


9. ジャイアントソーフィッシュ


 殺人魚に襲われると聞けば、噛み付かれて、水中に引きずり込まれるような場面を想像するかもしれない。

 しかし体長7メートルのジャイアントソーフィッシュは、2.5メートルものノコギリで獲物をミンチにする。知られている限りは、好んで人を襲うことはないようだが、目が非常に悪い上に縄張り意識が強いため、危険な存在となりうる。侵入者にはノコギリで襲い掛かる。しかもなかなか視認できないので始末が悪い。川や湖に生息するが、残念なことに、人間のせいでこの恐竜時代の怪物は絶滅の危機にある。


8. フラットヘッドキャットフィッシュ


 全長1.5メートル、体重55キロというこの魚は北アメリカ最大のナマズで、魚はおろか、哺乳類や水鳥をも食らう恐ろしい捕食者だ。

 ミズーリ川など主要な川の暗い裂け目に潜み、電光石火で獲物を捕らえる。万が一、足に食いつかれでもしたら、離すよう説得しても無駄だろう。

 フラットヘッドキャットフィッシュはアメリカで発生する一部の不可解な溺死事件の犯人と考えられている。薄気味悪いことに、このナマズは一生成長し続ける。ひょっとしたら人間すら丸呑みできるような奴もいるかもしれない。


7. ペーシュ・カショーロ



 ヴァンパイアカラシンとも呼ばれ、まるでドラキュラ伯爵が魚に転生したかのような姿だ。体長1.2メートル、体重13キロに成長するこいつは、獲物の内臓を感知しつつ、15センチの牙をその体内に深く沈みこませる。

 アマゾン川で泳ぐ人は突然心臓や肺を貫かれ、溺れ死ぬことになるかもしれない。その凶悪な容貌も相まって、ゲームフィッシングで人気を博しており、”カンニバルピラニア”との異名がつけられた。


6. ワラゴ・アトゥー



 悪夢から飛び出してきたような魚だ。南アジア、インド、アフガニスタンの河川に潜み、”サメナマズ”とも呼ばれる。

 体長は2.4メートルほどで、巨大な反曲した歯を生やしたヒゲのある口で獲物に襲いかかる。滑らか体と強力なヒレを活かして、川や湖の影から飛び出し、手当たり次第に近くの獲物を貪り食う。子供を食うという噂まであり、村人から恐れられている。その獰猛さやとんでもない素早さから”湖のサメ”との異名を誇る。


5. アトランティックグースフィッシュ



 亡霊のような不気味な姿をしたアンコウは、全長1.8メートル、体重30キロ以上に成長する。岩の隙間にカモフラージュで身を潜め、サッカーボールですら飲み込めるアゴで獲物を捕食する。

 泳いでいるときに噛み付かれれば逃げるのは困難であるが、本当に危険なのは飲み込まれる恐れがあることだ。グースフィッシュの胃は体とほぼ同じだけの大きさがある。90センチほどの個体が自分よりわずかに小さいくらいの獲物と一緒に発見されたこともある。1.8メートルの個体なら人間だって一飲みにできるということだ。


4. タマカイ



 このリストに載るどの魚も様々な恐ろしさを備えているが、タマカイが私たちに恐怖心を覚えさせるのは、その巨大さとその気になれば何でも飲み込んでしまえる能力ゆえだ。

 体重は450キロにも達し、全長は5メートル近い巨躯の持ち主である。ダイバーが襲われたケースもいくつかあり、あるダイバーなどは丸呑みにされてしまい、やはり巨大なエラの部分から脱出したそうだ。


3. レッドスネークヘッド



 温暖な水域に導入されて以来、世界中で危険な厄介者として畏怖されている。全長1.2メートル、体重22キロに成長し、中型までの大きさならほぼあらゆる動物を破壊することができる。

 カミソリのような歯と強靭な筋肉で武装するレッドスネークヘッドは、田んぼで働く農民や漁師などにひどい怪我を負わせてきた。特に子供を守ろうとするレッドスネークヘッドは獰猛で、体当たりや噛みつき攻撃を喰らえば、溺死は必至である。子供が殺されたという話もある。


2. ニシオンデンザメ



 サメが潜む海と言えば、暖かい熱帯を想像するかもしれない。だが凍てついた北極海でもサメの襲撃から逃れることはできない。

 全長6メートルのニシオンデンザメは密かに忍び寄り、獲物に突進する捕食者で、その胃袋の中から若いホッキョクグマやトナカイが見つかったこともある。場所が場所だけに最近では人間の犠牲者はいないが、イヌイットの伝説は、カヤックから身を乗り出した漁師が食われたと伝えている。また1859年にカナダでニシオンデンザメの胃から人間の足が発見されたという報告もある。


1. ニザダイ科


 ニザダイ科の100種ほどの仲間は、世界各地の浅いサンゴ礁に生息している。その一部は最も美しい熱帯魚である。だがダイバーたちはこの60センチの美女に用心しなければならない。尾柄部に天然の飛び出しナイフを隠し持っており、彼らの縄張りを侵す侵入者に対しては躊躇なく使用してくるからだ。

 うかつにも近寄ろうものなら、その刃で手足や腱、あるいは動脈などを切り刻まれることになる。それによる失血死も恐ろしいが、傷から流れ出る血液でサメが呼び寄せられたら、目も当てられない事態となる。

 あれ?あの魚は?と思ったお友達。安心してほしい。もう一つの10のリストは近日公開予定だ。
posted by gensou-choumazin at 10:37| Comment(0) | 最新・面白科学記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする