特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2018年07月23日

ツイッターやニュースサイトを利用した情報操作は実際に存在する(米研究)






ツイッターやニュースサイトを利用した情報操作は実際に存在する(米研究)

ネット上では情報操作問題となっている。そこで、米ワシントン大学のケイト・スターバード率いる研究チームは、意図的に虚偽の情報が流されているのかどうかを調査した。

 結論から言おう。答えはイエスだ。
 
 その内容はまったくのフェイクから、煽情的なもの、一政党や国全体が絡んだ見えすいたプロパガンダまで多岐にわたるという。
 
 もちろん有名なメディアは、公明正大に情報を提示していることだろう。やっかいなのが、オルタメディア(alt media)と呼ばれる、組織や個人が発信するニュースメディアなのだという。

ツイッターから情報収集、同じタイプの嘘が何度も登場することが判明
 ワシントン大学で人間中心設計とエンジニアを研究する、ケイト・スターバード准教授のチームは、3年分の集積データについての研究を発表した。

 この研究は、危機的な事件が起こったときに、人々がネット上でどのように噂を広めるかを調べたもので、データはおもにツイッターから集めた。

 時間をかけて調べていくうちに、同じタイプの噂が何度も登場することに気が付いた。そしてそれらは、オルタメディアが意図的に流した記事が原因だということもつきとめた。

 例えば、2013年、ボストンマラソンの爆破テロ事件の後、ツイッターでの4000以上のリツイートが、「この悲劇は米軍が流した偽情報だ」と主張するものだったという。


オルタメディアによる偽情報の拡散が招く悲劇

   この傾向は年々高まってきており、さらに事態が悪化する可能性があるという。こうした偽情報は、ボット(自動的に投稿するシステム)にのせて定期的に何度も大量に拡散される。より人が飛びつきやすいような話を見せかけて、リツイートしてもらうのだ。

 こうしたオルタナティブメディアは、大衆を弱体化させ、操りやすくするために"意図的な偽情報戦略"を利用している可能性があるというのだ。


繰り返し投稿されることの怖さ

 スターバードのチームは、ボットが多数の様々なドメインから、何度も繰り返し投稿している証拠を見つけた。

 噂はぱっと広がり、消えるのも早いのが特徴だが、オルタメディアの噂の場合は、ゆっくりと広がり、場合によっては何週間も何ヶ月も何年もずっと噂がはびこるという。

 ほかにも興味深い共通項がある。こうした噂話はサイトからサイトへ丸ごとコピーされるのが常だ。オリジナルの話が、違う話になったり、尾ひれがついたりすることはあるが、多くは一方から引き抜かれて、他方へ丸投げされる。

 ここで危険なのは、実際は同じ情報であることに気づかずに、その情報が多数の情報源(出所)によって裏付けられていると一般の人々が見てしまうことだ。


ますます状況が悪くなる

 見方を変えると、こうしたオルタメディア発のニュースの特性、つまり、矛盾するたくさんの陰謀論が増殖したり、話の出所が多すぎてうさんくさいことなどは、意図的な偽情報戦略の利用を反映しているのかもしれないということだ。

 意図的に偽情報を流す戦略的論拠はの裏には、「情報が信用できないとわかった社会は、簡単に意のままに操ることができる」という考えがある。

 偽情報の拡散が意図的なものだとしたら、読者に情報内に含まれる正真正銘の真実まで嘘だと思わせるだけでなく、社会の中に混乱した考えを生み出してしまう。

 一度、混乱してしまうと、わたしたちはなにが本当でなにが嘘なのか、見極めがつかなくなってしまう。そしてやっかいなことに人は自分で信じたいものしか信じない。

 偏見を持たずに情報処理しているつもりでも、脳はいとも簡単にごまかされてしまい、自分の興味や利益を最優先に行動してしまうのだ。
posted by gensou-choumazin at 09:39| Comment(0) | 最新・面白科学記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーバーキルが加速する。人間を殺る気満々の10の植物






オーバーキルが加速する。人間を殺る気満々の10の植物

カラパイアをちぇっくりんこしているお友達ならもう知っていることだろう。植物の恐ろしさってやつを。

 動物のように移動できるわけではないので、逃げることができない。そこで”猛毒”というスキルを使ってばっさばっさと敵を倒していく。

 種を存続させるためなら、触るものみな傷つけるのもいとわない。美しい花を咲かせ、人間を癒してくれるとともに、一瞬にして人間を滅する力も秘めている、それが植物パワーなのだ。

10. マンチニール

 メキシコ湾の南、大西洋に隣接するカリブ海沿岸で見られるマンチニールは「世界で最も危険な樹」としてギネス記録を保持している。

 スペイン語圏では「死の木(arbol de la muerte)」とも呼ばれる。幹から滲み出る樹液、葉、果実、小枝には皮膚に火傷状の症状を起こさせる樹液が含まれている。万が一、樹液が傷口にでも触れれば、血管に入り、死に至ることもある。

 またマンチニールを燃やすと、毒が空気中に発散される。これが目に入れば、重度の炎症を起こし、失明することもある。果実は小さく美味しそうなので特に危険だ。リンゴに似ており最初は甘さを感じる。だが、やがて喉が腫れ上がり、窒息を引き起こす。それでも地元の人間は樹液を矢に塗り、狩に利用してきたという。


9. トウアズキ

 インドネシア原産で、「カニの目」と呼ばれる。赤と黒の実は美しく、装飾品の材料として利用される。だが、その実には、たった0.00015パーセントの量で人を殺すことができる猛毒が含まれている。実の皮さえ破れていなければ問題なく消化器を通過するので、そこは運次第である。

 毒はアブリンで、細胞のタンパク質合成を阻害する。アブリンを吸入した場合は悪心・発熱・肺水腫を起こす。口から摂取した場合はさらに深刻で、悪心や嘔吐による脱水症状が起こり、次いで腎臓・肝臓・膵臓不全を起こし、苦痛に満ちた死を迎えることになる。トウアズキに有効な解毒剤はない。


8. マルバフジバカマ

 北アメリカ原産の多年生植物。90センチほどに伸び、小さく可愛らしい花をいくつも咲かせる。可憐な外見とは裏腹にトレメトールという不飽和アルコールを含んでいる。

 牧畜がこれを食べ、その牛乳を飲むことで人体に吸収される。その症状を牛乳病といい、食欲不振・全身衰弱・筋肉の硬直・胃腸障害・嘔吐・便秘といったいくつもの症状を特徴とする。昏睡状態となり、やがて死に至ることもある。

 牛乳病には乳酸ナトリウムやグルコースが有効であるが、大抵の場合、患者はトレメトールが消えるまでひたすら耐えて待つようだ。


7. キョウチクトウ

 美しい花で愛される北アフリカおよび地中海沿岸地域が原産の常緑低木樹。園芸植物として人気だが、オレアンドリンなどの様々な強心配糖体を持つ。

 葉1枚に含まれる毒で成人1人を殺すことができる。複数の毒が含まれるために症状もまた多様で、目のかすみ・胃腸障害・徐脈のほか、脳にも障害を起こし、人体のほぼすべての器官が影響を受けることになる。

 誤って口にした場合、急いで治療を受ける必要がある。胃に木炭を注入し、毒物を吐き出させることができるが、危険なものとは知らず、苦痛に満ちた死を遂げる者も多い。


6. シロバナヨウシュチョウセンアサガオ

 「悪魔のトランペット」と呼ばれ、強烈な幻覚作用で知られる。アジア原産。複数のトロパンアルカロイドを含んでおり、人体のあらゆる器官に影響する。脳への作用は特に強く、ドラッグとして服用すれば幻覚・混乱・多幸感・せん妄といった症状が現れる。

 茎や花から蜜を吸ったり、鞘のタネを食べることで服用できる。必ずしも死ぬわけではないが、そのトリップ体験は決して心地よいものではない。


5. トウゴマ

 そこに含まれる毒は、自然界最強の毒の1つであるリシンだ。エチオピア原産であるが、温暖・熱帯地域で非常に一般的である。

 ヒマとも呼ばれ、そこから採られるヒマシ油は昔から医薬品としても利用されている。

 リシンが含まれるのは種子の果肉部分である。果肉を乾燥させ粉末化したり、水に混ぜたりすることで、服用可能な毒が完成する。

 リシンが人体に取り込まれる方法次第で症状は異なる。口から摂取した場合、消化器系に重度の炎症を起こし、腹痛・嘔吐・血便・それに伴う脱水症状・血圧低下・排尿の低下といった症状が現れる。

 吸入した場合は、嘔吐・風邪状の症状・吸入した部位の腫れが起こり、徐々に臓器不全が現れる。恐ろしいことに、症状が現れるのはリシンが体内に入ってから数日後である。大人1人を殺すのに2ミリグラム以下で足り、治療法もない。


4. ベラドンナ

 イタリア語で「美しい女性」を意味する多年草。かつて女性が瞳孔を拡大させるために利用していたことがその名の由来である。

 ヨーロッパ、北アフリカ、西アジアが原産。濃い緑色の葉と紫色でベル状の花を咲かせる。

 ベラドンナには3種のトロパンアルカロイドなどの毒が含まれており、激しい喉の渇き・嚥下困難・呼吸困難・目のかすみ・嘔吐・頻拍・ろれつが回らない・幻覚・せん妄といった症状を引き起こす。また痙攣から昏睡に陥れば、最終的に死に至る。

 全体に毒が含まれているが、その実はブルーベリーに似ており、知らずに食べてしまうこともあるため、特に危険だ。味も甘いが、絶対に口にしてはならない禁断の果実である。


3. セルベラ・オドラム

 インドおよび東南アジア原産で、「自殺の木」と呼ばれる。地元では「ポンポン」とも呼ばれ、美しい白い花とマンゴーのような果実を実らせる。

 美味しそうな外見に騙されれば、セルベリン配糖体(glycoside cerberin)を体内に招き入れることになる。

 セルベリンはステロイドとして作用し、人体のカルシウムイオンチャネルを阻害。重度の胃障害・下痢・不整脈・心不全・嘔吐といった症状を引き起こす。種子を1粒でも摂取すれば、数時間以内に症状が現れ、死に至らせる。

 自殺志願者が利用することは名前からも明らかであるが、それは安らかな死ではない。


2. ドクゼリ

 アメリカ西部の湿地が原産。1メートルほどの高さで、枝分かれした先端の先に小さな白い花を大量に咲かせる。セリ科の仲間であるが、サラダには使わないほうがいい。

 シクトキシンという、ニンジンの匂いがする不飽和アルコールを大量に含んでいる。毒は全体に含まれており、誤って口にしてしまうと緊張・筋攣縮・瞳孔散大・頻脈・呼吸促迫・振戦・痙攣・昏睡といった症状をきたし、死に至る。

 1口分でも成人1人を殺すには十分。しかも症状は急激で、治療を受ける時間もないだろう。


1. トリカブト

 ヨーロッパ西部および中部原産で、頭巾のようなユニークな深紫の花を咲かせる。英名モンクスフードは「僧侶の頭巾」の意だが、決して聖なるものではない。

 アコニチンというアルカロイドを含み、ナトリウムチャネルを破壊。直接的に心不全を引き起こす。ほかにもうずき・口や舌のしびれ・悪心・嘔吐・呼吸困難・徐脈・疼痛・痙攣・麻痺といった症状がある。

 ほとんどが経口による摂取であるが、かなりまずい。しかし一噛みでも苦痛と死が押し寄せてくる。


ラベル: 植物
posted by gensou-choumazin at 09:33| Comment(0) | 最新・面白科学記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

無色透明コーヒーが爆誕!なのにコクのある深い味わいが楽しめる。これで歯の着色を気にせず飲めるぞ!(イギリス)






無色透明コーヒーが爆誕!なのにコクのある深い味わいが楽しめる。これで歯の着色を気にせず飲めるぞ!(イギリス)


先日お手軽にカフェインをとることができるという高カフェインコーヒーの話題をお伝えしたが、コーヒーの色に着目した新手が登場し話題になっている。 
 
 なんとそれは無色透明なコーヒー。イギリスのロンドンにて、歯の着色悩みを解消すべく開発された「Clear Coffee」は水かと思うほど透き通っているのだ。

 にもかかわらず化学物質は使用されておらず、高品質なアラビカ種の豆を使い、濃い水出しコーヒーに似た深い味わいがあるという。

 1杯のコーヒーの香りと味を楽しみながらリフレッシュするのが日課。でも歯の着色が気になっちゃうんだよね…という人にはこの商品、夢にまで見た飲み物になるかもしれない。

コーヒーは好きでも歯へ着色が気になっていた兄弟
 このコーヒーを手掛けたのはロンドンのコーヒー好きな兄弟。毎日大量のコーヒーを消費する彼らは以前から歯が汚れてしまうことに頭を悩ませていたそうだ。
 
 飲んでるときはおいしいのにそのあとの汚れが頑固なんだよなあ…じゃ、色がつかない透明コーヒーをつくっちゃえ!ということで2人はCLR CFFという会社を立ち上げ、3カ月かけてこの商品を完成させた。
 

化学物資を含まず、高品質なアラビカ種使用
 この魔法みたいなコーヒーは100パーセントナチュラルで化学物質が入っていないクリアな飲み物だ。

 彼らは開発中、防腐剤や安定剤、甘味料を含まない製法を模索した。詳しい情報は明かされていないが新鮮かつ高品質なアラビカ種の豆を含有し、従来には無かった新製法を用いたという。

 なお、気になる味については、見た感じ水のように軽めかと思いきや、濃い水出しコーヒーに似た味わいがあるそうだ。


時短ができてストレートで味わえる

 CLR CFFの経営者の一人であるDavid Nagyは、忙しい生活のなかで素早くリフレッシュできるローカロリーなコーヒーを目指した、と語っている。

 またミルクや砂糖無しでこのクリスタルな美しさを損なうことなく目で楽しんで飲める点にもこだわったそうだ。


白い歯をキープできる新しいコーヒー

 なお、価格のほうは200mlx2本で5.99ポンド(約820円)で送料別。ちなみにカフェインの含有量は100mlあたり50mg。とはいえ現在日本での取り扱いはなさそうだ。

 これまでのコーヒーの色の概念を覆すこの商品。着色汚れの原因を取り除き、審美的なデメリットをクリアしたコーヒーは、美しい歯を保てるおしゃれなカフェイン飲料として需要が高まったりしちゃうのだろうか。

Clear Coffeeの情報はInstagramや公式サイトでチェックだ。
posted by gensou-choumazin at 10:18| Comment(0) | 最新・面白科学記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べるもので気分が変わる。魚・アボカド・ナッツ類はうつ病患者の気分改善にも効果的(オーストラリア研究)






食べるもので気分が変わる。魚・アボカド・ナッツ類はうつ病患者の気分改善にも効果的(オーストラリア研究)

食べたものがあなたの血や肉になる。良く聞く言葉だが、最新の研究では、気分すらも食べ物に左右されるという。

 オーストラリア、ディーキン大学のフェリス・ジャッカ氏は長年、食事と心の健康について研究している人物だ。そして彼女の最新の論文のテーマは、うつ病の患者が食べた物とその気分には関連があるかどうかであった。
 
 答えはイエスだ。

 中度から重度のうつ病患者を対象とした研究では、健康的な食事をすることで、症状が改善され、気分も晴れることが判明した。

従来の治療に食事療法が加えることで更なる効果が
 食事を改善することで、無気力になるといった、うつ病のごく一般的な症状を患う人々を助けられるかもしれないという考えは、臨床的に大きな意味を持つと思います

 とジャッカ氏。

 今日、うつ病は障害の世界最大の原因である。治療しないで放置すれば、命の危険すらある。現在、主な治療は選択的セロトニン再取り込み阻害薬のような薬物とカウンセリング療法だが、そのどちらも一定の効果をあげている。しかし食事の影響はこれまであまり注目されてこなかった。


実験で検証された食べ物の効果

 ジャッカ氏は過去7年に渡り、うつ病患者の食生活について調査。不健康な食事(炭水化物の多いジャンクフード、塩分の多いスナック類、加工肉、青果不足、肉食過多)はうつ病の発生リスクを高めることを明らかにした。

 しかしこの調査は主にアンケートによるもので、きちんと相関関係を証明することができていなかった。そこで今回は中度から重度のうつ病を患い、不健康な食生活を送っていた(栄養学的なアンケートに基づく)67名の男女を対象に調査を行なった。

 なお、被験者の多くは抗うつ剤の服用やカウンセリング療法を行なっており、調査中もそれらは継続されている。したがって、本調査の狙いは、うつ病の治療において食事療法が補助的に利用できるかどうかを証明することであった。

 実験では、被験者を2グループに分けた。第1のグループは、12週間に渡りそれまで通りの低繊維・高加工食品を食べ続けてもらい、同時に社会的サポートセッションに参加してもらった。第2のグループでは、食事を地中海食に切り替えてもらい、栄養に関するセッションに参加してもらった。

 実験の開始前後にうつ病に関する一般的な気分評価法で症状を評価し、それを比較したところ、第2グループでは有意な改善が確認された。第1グループでは症状に改善が見られたのはおよそ8パーセントであったのに対して、第2グループでは32パーセントもいた。さらに実験に最後まで参加した割合も第2グループのほうが多く、第1グループでは途中で棄権する被験者がいた。

 今回の結果は、うつ病の患者にとって大切な示唆に富んでいるが、健康な人でも注目に値する。

気分を改善したいなら、魚・アボカド・ナッツ類が効果的

 栄養の専門家は、健康を維持するため、気分向上のため、魚・アボカド・ナッツ類といった良質な脂質が豊富な食材を摂ると良いという。

 逆にジャンクフードや糖分を多く含む加工食品を減らすよう推奨している。地中海料理は多くの点でそうした基準を満たしているのだ。

posted by gensou-choumazin at 10:12| Comment(0) | 心理学・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする