特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2014年01月26日

セラピーで仕事効率化?






注 この記事にはバイオレゾナンスCDの販売サイトへのリンクを埋め込んでいますが、私はこの販売サイトのアフィリエイトはしていません。

 昨日はバイオレゾナンス CDをひたすら聴きながら仕事をしていました。
なんだかいつもより調子がよかったように感じられました。
効率が良くなったというか。

どうしてかなと思って調べてみたら、私が買った「心の病に勝つ」セットには、「受験に勝つ」セットに入っているものと同じCDが2枚入っていたんですね。
ああ、これで頭の働きが違ったというわけですか。

なるほど。ちょっぴり得したような。
posted by gensou-choumazin at 09:06| Comment(0) | バイオレゾナンス体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温室効果ガス






温室効果ガス

温室効果ガス(おんしつこうかガス、英: greenhouse gas[1]、GHG)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。

概要

京都議定書における排出量削減対象となっていて、環境省において年間排出量などが把握されている物質としては、二酸化炭素 (CO2)、メタン (CH4)、亜酸化窒素(N2O、=一酸化二窒素)、ハイドロフルオロカーボン類 (HFCs)、パーフルオロカーボン類 (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6) の6種類がある。

最新のIPCC第4次評価報告書では、人為的に排出されている温室効果ガスの中では二酸化炭素の影響量が最も大きいと見積もられている(地球温暖化の原因を参照)。従って、その場合に温暖化防止に向けての適切な対応が電力消費を抑えることであるのは明白なのである。これに対する懐疑論も見られるが、多くは反論されている。

水蒸気も温室効果を有するものの、蒸発と降雨を通じて、熱を宇宙空間へ向かって輸送する働きも同時に有する。全体的には上記のような物質が気候変動の引き金となり、水蒸気はその効果を増幅するとされる(地球温暖化の原因#影響要因としくみを参照)。この水蒸気の働きの一部だけを捉えて温暖化に対する懐疑論を主張する者もいる(地球温暖化に対する懐疑論#赤外吸収に対する飽和および水蒸気の寄与を参照)。
posted by gensou-choumazin at 08:49| Comment(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする