特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2014年01月28日

こたつで寝るといろいろ危険なことになりそうです。






 寒い日が続いてますね。
皆様は暖房に何を使っていらっしゃるのでしょうか?
私は昔からもっぱらこたつです。

しかしこたつに入ってしまうと、私はすぐに寝てしまいます。
特に夜、夕飯を食べた後の7時半頃は必ず眠くなります。
時にはこたつの中で5時間ぐらいは寝てしまうこともあり、かなり悩みの種でした。

で、「こたつの中に入ると眠くなってしまう」ということを経験するのは私だけだと思っていましたが、実はかなりの人が経験しているようです。
こちらのブログによりますと以前 NHK の番組でこたつに入ると眠くなるかどうかという実験を実際にやったそうです。

書き写しの問題をこたつに入った状態のグループとそうでないグループの人で行ってもらったそうです。
その結果、こたつに入ったグループの人は全員寝てしまったとか。
恐るべし、こたつ。

ちなみにこのブログには満腹になると眠くなる理由もちゃんと書いてあります。
満腹になるとオレキシンというホルモンが体内で増えて眠くなるのだそうです。

なるほど。私の場合はホルモンとコタツのコラボレーションで眠くなってしまうのですね。
嫌なコラボです(笑)。


さてこたつで寝ることについて、マイナビニュースさんで最近こんな警告がなされています。↓

死に至る危険も…「こたつ寝」で起こる恐ろしい症状5個

この記事ではこたつで寝てしまう危険性について
1脱水症状
2便秘
3脳こうそく
4不眠
5腰痛

の五つを取り上げています。

こたつは当然ながら熱を発するものですので、長い間入って寝ていると体から水分が奪われます。
このことが脱水症状を引き起こし、便の水分を奪って便秘を誘発し、血液をどろどろにして脳梗塞をも誘発するというわけです。

で、こたつの中で長い間熱にさらされることで睡眠のリズムが崩れて不眠になり、コタツの中だとろくに寝返りも打てないので腰痛にもなってしまいます。
こたつって怖いですね。

ちなみにこたつで寝てしまう人が水分を補う時は水よりもスポーツドリンクやお茶が良いそうです。

そうそう、こたつで寝てしまうと発生してしまう症状について私も個人的に一つ付け加えておきますね。
6乾燥肌

私は温風こたつを使っているので、その中に入って何時間も寝ていたらたちまちウエストあたりの肌が乾燥肌になってしまいました。
皆さんもお気をつけください。

最後に私がこたつで長時間寝ないために活用しているタイマーをご紹介します。
このタイマーを使えば、指定した時刻にこたつの電源が切れるので省エネに貢献できます。↓



このタイマーは15分くらい遅れることがあるので、現在時刻の15分前からタイマーを入れておくとスムースに使えるようになります。

皆さんもこたつで寝入ってしまわないように気をつけてください。
posted by gensou-choumazin at 08:11| Comment(0) | 科学&医学系書評・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちりちり頭が痛くなる反応がしました。






こんにちは。
今日もバイオレゾナンス CD の「心の病に勝つ!!」セットを使ってみた感想をお届けしてみたいと思います。

昨日はなぜかCD を聴いていたら、ある CD のところでちりちりと頭が痛くなるような感覚を覚えました。
とにかく頭のてっぺんがちりちりしていたんです。
でも違う CD を聴き始めたらなぜか治ってしまいましたけど。

それにしてもバイオレゾナンス CD はいまだに不思議なことだらけですね。

posted by gensou-choumazin at 06:16| Comment(0) | バイオレゾナンス体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ATACS






ATACS

ATACS(アタックス、Advanced Train Administration and Communications System)とは東日本旅客鉄道(JR東日本)が開発し、2011年10月現在仙石線(あおば通駅 - 東塩釜駅間)において使用している保安装置である。従来、軌道回路で行っていた列車位置検知を車上検知に変更し地上と車上の通信をデジタル無線で行うのが大きな特徴である。また既存の信号システムにおける自動列車保安装置(ATSやATC)、連動装置、踏切の制御装置を全て内包している保安装置である。また日本初の移動閉塞(クロージング・イン)システムである。

概要

移動体通信やコンピュータなどの情報通信技術の発展に伴い、従来地上設備を主体に構築されていた鉄道の信号保安システムを情報通信技術をベースとして地上・車上で分担するシンプルなシステムとして再構築することを狙ったのがATACSである。地上装置、車上装置共にネットワーク化されており無線によって双方が結合される自立分散ネットワークとなっている。

鉄道の信号システムは列車の位置を検知し、その情報を伝送しそれに応じて必要な制御をするという検知・伝送・制御の3つの機能で構成されている。ATACSでは、この3つの機能を最新の技術を用いたものに変更する。

検知技術には、従来は軌道回路を用いてきた。しかし軌道回路は地上設備であり変更が必要な場合多大な手間が掛かる上、メンテナンスコストが大きい。ATACSではこれを列車自体が自分の位置を検知する車上検知にする。

伝送技術では、従来は信号機により運転士が目視で情報を得ている。また、保安装置では地上子と車上子の間の伝送で情報を得ている。これについては、信号機の設置や改良に多大な費用が掛かっていると共に視認性の問題がある。そこでATACSでは無線技術を利用して車上に情報を伝送し、車内信号方式とする。

制御技術では得られた他の列車の位置などの情報に基づき、車上の自動列車保安装置が列車の速度を制御したり連動装置が分岐器の鎖錠をしたり踏切警報機を動作させたりする。このうち連動装置や踏切警報機については地上装置であり線路の配置を変更すると関連する地上装置も変更しなければならず、多大な手間とコストが掛かっている。また踏切警報機については、制御の仕方によっては遮断時間が不必要に長くなることがある。さらに制御の論理がリレーを用いたもので複雑であった。ATACSではコンピュータ上のソフトウェアによる論理でこうした制御を実現する。
タグ:ATACS
posted by gensou-choumazin at 06:08| Comment(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二酸化炭素






二酸化炭素

性質

常温常圧では無色無臭の気体。常圧では液体にならず、-79 °C で昇華して固体(ドライアイス)となる。水に比較的よく溶け、水溶液(炭酸)は弱酸性を示す。このためアルカリ金属およびアルカリ土類金属の水酸化物の水溶液および固体は二酸化炭素を吸収して、炭酸塩または炭酸水素塩を生ずる。高圧で二酸化炭素の飽和水溶液を冷却すると八水和物 CO2・8H2O を生ずる。

アルカリ金属など反応性の強い物質を除いて助燃性はない。炭素を含む物質(石油、石炭、木材など)の燃焼、動植物の呼吸や微生物による有機物の分解、火山活動などによって発生する。反対に植物の光合成によって二酸化炭素は様々な有機化合物へと固定される。

また、三重点 (-56.6 °C、0.52 MPa) 以上の温度と圧力条件下では、二酸化炭素は液体化する。さらに温度と圧力が臨界点 (31.1 °C、7.4 MPa) を超えると超臨界状態となり、気体と液体の特徴を兼ね備えるようになる。これらの状態の二酸化炭素は圧縮二酸化炭素または高密度二酸化炭素と呼ばれている。

毒性

二酸化炭素は環境中にごくありふれた物質で、その有毒性が問題となることはまずない。しかし、空気中の二酸化炭素濃度が高くなると、人間は危険な状態に置かれる。濃度が 3〜4 % を超えると頭痛・めまい・吐き気などを催し、7 % を超えると炭酸ガスナルコーシスのため数分で意識を失う。この状態が継続すると麻酔作用による呼吸中枢の抑制のため呼吸が停止し死に至る(二酸化炭素中毒)[2]。

ストレスや疲労で、呼吸(換気)をし過ぎたり、呼吸(換気)が速くなり過ぎたりして、人体の血中の二酸化炭素濃度が異常に低くなることがあり、これを過呼吸、あるいは過換気症候群(過呼吸症候群)と呼ぶ。過換気症候群の病態自体が命に関わる事は無いが、背景に身体疾患が隠れていることがあるので注意を要する。
タグ:二酸化炭素
posted by gensou-choumazin at 06:00| Comment(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする