特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2015年06月04日

日経サイエンス 2009年7月6日






ヒトとサルを分けた「0.5%」の中身

掲載日:2009年7月6日

600万年前、アフリカの森にすんでいた霊長類の1つのグループが木から下りた。今、そのグループは私たち人類となり、森に残ったグループはチンパンジーとなった。チンパンジーは昔と変わらず木陰などで夜露をしのいでいるが、人類は都市を建設、自身を構成する生命の設計図、ヒトゲノム(全遺伝情報)を解読するに至り、さらには、親類とも言えるチンパンジーのゲノムをも解読した。

共通の祖先から出発して600万年、DNAの形で保存されている設計図にどのような“変更”が加えられて人類となったのか? 人類は自身のゲノムとチンパンジーのゲノムを突き合わせてみた。驚いたことに、約30億塩基対からなる両ゲノムのほとんどの部分はまったく同じだった。違っていたのは1500万塩基対の配列だけ、30億塩基対に占める割合はたったの0.5%だ。

ヒトとチンパンジーは設計図はほとんど同じなのに、身長も見かけも知能もかなり違う。逆に言えば0.5%という設計変更部分は、生物のあり方そのものに影響を及ぼすほど重要なものであることがわかる。著者によると、最重要と考えられるのは、脳のしわの形成に関与する設計変更だという。

ゲノムは遺伝子(生物の構成部品であるタンパク質の設計図)と、遺伝子以外の領域に分けられる。後者の領域には、必要な時期に遺伝子を目覚めさせてタンパク質を作らせたり、タンパク質が不要になったら遺伝子を眠らせたりするための情報などが書き込まれている。そして脳のしわの形成に関与する設計変更は後者の領域にあった。人類は脳のしわを作る遺伝子の“働き方”が、チンパンジーとはかなり違っているらしい。

このほか、脳の大きさを制御する領域などにも重要な設計変更が加えられたこともわかってきた。
posted by gensou-choumazin at 08:05| Comment(0) | 日経サイエンス ハイライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経サイエンス 2009年7月2日






ナノマシンが細菌のように動いた

掲載日:2009年7月2日

虫眼鏡でも見えないほど小さな機械、ナノマシンの開発が進み、フラーレン(サッカーボール状炭素分子)をタイヤとする分子サイズの車さえできるようになった。しかし、その車には今のところエンジンが積まれていない。分子サイズの車の場合、エンジンはそれより小さくしなければならないが、物質を構成するのは原子や分子だから、現在の自動車エンジンのようなものを分子サイズで作ることは原理的に不可能。ナノマシンのエンジンにはまったく新たな発想が求められる。

動かすだけなら簡単だ。ナノマシンを液体中に入れれば、液体分子と衝突を繰り返すことで、でたらめな動きをする。ブラウン運動だ。実はブラウン運動をうまく利用して微生物は動いたりしている。ナノマシンにこの“生物の知恵”を生かそうという試みがある。

もう1つ、これも生物をまねたアイデアがある。化学反応で生み出すエネルギーの活用だ。カプセル状ナノマシンの表面で電気化学反応を起こさせることで、周囲に一定方向の液体の流れを生み出す。するとナノマシンはその液流とは反対の方向に動くようになる。著者らが試作したそのナノマシンの動きを顕微鏡で観察すると、細菌が遊泳する姿と驚くほど似ていた。

posted by gensou-choumazin at 08:00| Comment(0) | 日経サイエンス ハイライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軍事学






軍事学

軍事学(ぐんじがく、英: military studies, military science, war study)は、軍事や国防に関する学問である。戦争学、防衛学とも呼ばれる。

概要

軍事学とは、最も広い意味において、戦争または軍事に関する現象を研究する学問である。総合的に見ると戦争、軍事力、戦略、戦術、統率、兵器さらに政治、地理、工学などの領域においても学際的な性格を持っているが、より厳密に捉えればそれは軍事力の運用に注目した社会科学的な狭義の軍事学を指す場合もある。用語法として兵学や軍学と言う場合は戦略学と戦術学の両面から研究する傾向にあり、防衛学と言う場合は国家戦略レベルにおける研究を指す場合もあるが、その区分は確定的なものではない。後述するように、歴史的には軍事学の成立は18世紀に啓蒙主義という時代精神を背景とした出来事であり、それまで戦争の遂行を一種の技術として見なしてきた戦争術(art of war, Kriegskunst)を退け、科学と見なす考え方から戦争学(sicence of war, Kriegwissenschaft)が成立したことに始まっている。

軍事学の基本的な問題群とは戦争に関連しており、現実主義の伝統に立脚された研究である。これは最も重要な軍事学者の一人クラウゼヴィッツによる「戦争の粗暴さをいとうあまり、その本質に目をそむけようとするのは、無益な努力であるだけでなく、道理に合わぬ努力でさえある」と述べている言明で端的に表明されている。つまり軍事学の立場は原則として人間の社会において戦争や暴力的な事態の発生が不可避であることを議論の大前提として受け入れている。このような軍事学の態度は国際関係論、政治学における現実主義の考え方を共有するものである。このような現実主義の態度が戦争に勝利するための研究へと軍事学を方向付けており、戦略や戦術、兵站などの軍事学の研究領域を規定している。その分野の区分についても後に詳述するが、基本的には戦争や紛争状態に関する研究、軍事組織や軍事制度に関する研究、戦略や作戦など軍事行動に関する研究がある。これらの問題について軍事学の研究では歴史的、実証的、数学的なアプローチがしばしば採用される。歴史的な方法とは軍事史の研究を通じて軍事問題の記述と教訓の抽出を行う伝統的なアプローチであり、実証主義的な方法においてはある対象や問題の分析と説明を観察を通じて検証する方法である。また数学的方法ではモデル化、予測、最適化などの手法を通じて意思決定や軍事行動の効果や問題を検討する。
ラベル:軍事学
posted by gensou-choumazin at 06:56| Comment(0) | 軍事用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

abuse






abuse

abuse(名詞: [ə.ˈbjuːs] 「アビュース」[1]、動詞: [ə.ˈbjúːz] 「アビューズ」[1]。まれにアブユース(ズ)とも[2]。)とは不正使用、濫用(乱用)を意味する英単語である。転じてコンピュータネットワーク上の迷惑行為またはその迷惑行為を通報する窓口を指す。似たような英単語にmisuse([mìsjúːs], [mìsjúːz])があるが、こちらは濫用、悪用の意味以外にも「誤用」、「過誤」という故意ではない意味も含まれている[3]。

概要

RFC 2142は「不適切な公衆への振る舞い」("Inappropriate public behaviour")を行うユーザを通報するためにabuse@…を用意すべきと規定している[4]。このメールアドレスはスパムメールの送信、第三者中継などのメールサーバの不正利用など、様々なネットワーク上の不正行為に関する専用の通報先であり、のちに転じてネットワーク上の迷惑行為またはその迷惑行為を通報する窓口そのものとしての意味も持つようになった。


ISPは利用規約や約款にて、主に以下のような不正行為を具体的に列挙している。abuse窓口では以下の不正行為に関する報告・通報をISPネットワークの内外から受け付けている[5]。

違法行為
著作権侵害(例えば、違法コンテンツの入手やその送受信)をはじめとする第三者の知的財産権侵害行為
財産権、プライバシー権、肖像権の侵害
名誉毀損
スパムメールなどの迷惑メール送信行為
ウイルスの送信ならびに送信可能化
ISPの設備に負荷や障害を与える行為

など。また規約等に具体的に"abuse"として列挙されていなくとも、「法令に違反する」もしくは、それを助長・幇助する行為も「abuse行為」であると別途定めている場合もある[5]。
ラベル:abuse
posted by gensou-choumazin at 06:51| Comment(0) | インターネット用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする