特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2015年06月11日

病気の陰にサイレント変異






病気の陰にサイレント変異

掲載日:2009年8月5日

人間の設計図、ヒトゲノム(全遺伝情報)は、4つの文字(4種類のDNA塩基)で書き連ねられた本のようなものだ。その総文字数は30億字(30億塩基)で、その中にタンパク質の設計図(遺伝子)が含まれている。タンパク質を作るときは、DNAで書かれた設計図が、RNAで書かれた設計図に書き写され、そのRNAの設計図から実際のタンパク質ができる。RNAの設計図も4つの文字で書かれており、一般にA、C、G、Uと表される。

タンパク質はアミノ酸の集まりなので、RNAの設計図には各種アミノ酸が3文字で表記されている。例えばグリシンというアミノ酸はGGUだが、GGCやGGA、GGGもグリシンを意味する。RNAの設計図を見ると、同じグリシンでも、設計図の場所ごとで表記の使い分けが行われている。

生命の設計図の特徴は予期しない図面の書き換えがあることで、これが遺伝子の突然変異だ。しかし突然変異によって、例えばGGUがGGCになっても、グリシンができることに変わりはないので、作られるタンパク質は同じ。実際、多くの場合その通りで、それ故にこうした突然変異は「サイレント変異」と呼ばれていた。

ところが、サイレント変異の中にはサイレントではない、つまり設計図通りにはタンパク質ができなくなる突然変異が存在することがわかってきた。そうなると病気を引き起こす。  なぜサイレントではなくなるのか、そのメカニズムは1つではなく、解明は途上にあるが、大腸がんの一種や体の一部が長くなる病気などサイレント変異がかかわる病気がすでに50種類ほど発見されている。
posted by gensou-choumazin at 14:43| Comment(0) | 日経サイエンス ハイライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

位置天文学






位置天文学

位置天文学 (いちてんもんがく、英語:position(al) astronomy) は天文学の一分野。恒星や他の天体の位置、距離、運動を扱う。位置天文学の成果の一部は宇宙の距離梯子を決めるのに役立っている。

位置天文学には天文学者が観測結果を記述する際の座標系を与えるという基本的な役割があるが、これとは別に、天体力学、恒星系力学、銀河天文学といった分野において根本的に重要な役割を果たしている。観測天文学においては、移動する恒星状天体を同定する際に位置天文学の手法が欠かせない。位置天文学はまた時刻を管理する際にも使われる。現在の協定世界時 (UTC) は、国際原子時 (TAI) を地球の自転に同期させることで得られているが、この地球の自転は位置天文学の手法を用いて精密に観測されている。
ラベル:位置天文学
posted by gensou-choumazin at 14:34| Comment(0) | 自然科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雪






大雪

大雪(たいせつ)は、二十四節気の第21。十一月節(旧暦10月後半から11月前半)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が255度のときで12月7日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から23/24年(約350.02日)後で12月7日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の冬至前日までである。

季節

雪が激しく降り始めるころ。『暦便覧』では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明している。

鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころ。
ラベル:大雪
posted by gensou-choumazin at 14:29| Comment(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする