特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2015年06月15日

肝炎抑制効果に期待…福井市の板垣だいこん






肝炎抑制効果に期待…福井市の板垣だいこん


2015年06月15日 09時56分

福井市の伝統野菜「板垣だいこん」について、肝臓への脂肪蓄積や炎症を抑制する効果が期待できるとする研究を福井県立大の高橋正和准教授(食品機能学)のグループがまとめた。

 高橋准教授は「おろしそばへの利用など販路拡大に役立てられれば」としている。

 板垣だいこんは、同市板垣地区で明治末期頃から栽培されてきた。毎年10〜11月頃に収穫される。細身で辛みが強く、歯切れもいいため、主に漬物などに利用されている。

 高橋准教授は、生活習慣病や非アルコール性の脂肪肝疾患などを研究しており、ワサビなどにも多く含まれ、肝臓への脂肪蓄積を抑制する辛み成分「イソチオシアネート類」に着目。大根の抽出液1グラムあたりの含有量は、通常の大根の約50倍に達することを確認した。

 活性化されると炎症を引き起こす原因にもなる白血球の一種「マクロファージ」の抑制効果が期待できることも分かった。マウスに2週間、脂肪分の多い餌を与える実験では、イソチオシアネート類を注射で投与したマウスの肝臓に脂肪が付くのを抑えられたという。

 マウスやヒトへの経口投与による実験はまだ行っていないため、今後も詳細な検討が必要としながらも、高橋准教授は「健康食材としてPRする際の科学的根拠となり、普及拡大につなげていってほしい」としている。

 また、カブなど、板垣だいこんと同じアブラナ科に属する県内産の伝統野菜についても、「同様の効果が期待できる可能性もあり、ブランド力を高める一助となれれば」と話している。(井上敬雄)
posted by gensou-choumazin at 14:30| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする