特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2015年06月16日

STAPなど不正12件「信頼揺らぐ」と危機感






STAPなど不正12件「信頼揺らぐ」と危機感

2015年06月16日 17時26分

 政府は16日、2015年版の科学技術白書を閣議決定した。

 14年度に文部科学省が把握した研究不正は、STAPスタップ細胞や東京大学分子細胞生物学研究所の論文問題など少なくとも12件に上り、科学に対する国民の信頼が揺らいでいると危機感を示した。研究不正に対する政府や科学界の取り組みも不十分だったと総括し、研究現場での実効的な取り組みが必要だと指摘した。

 1995年に科学技術基本法が施行されてから今年で20年だが、白書は、日本の論文数の世界全体に占める割合は低下傾向で、基礎的な研究の独創性や多様性も落ちていると分析。国際的な研究ネットワークの中核からも外れている傾向があるとの課題を挙げた。
posted by gensou-choumazin at 17:33| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする