特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2015年06月20日

IBM天才技術者が挑むメモリー






IBM天才技術者が挑むメモリー

掲載日:2009年8月21日

ハードディスクドライブ(HDD)という言葉はかなり知られるようになった。かつてはもっぱらパソコンの内部メモリーとして使われていたが、今やビデオカメラやビデオレコーダーでHDD内蔵をうたう製品が広く出回る。

HDDは高速回転する磁気ディスク上に磁気ヘッドを使ってデータを書き込み読み出す。大量のデータを電力なしで保存できるが、半導体メモリーより動作速度が遅い。高速回転するディスクに磁気ヘッドがぶつかって壊れる(クラッシュする)こともある。そこでHDDのように記憶保持に電源不要でありながら高速動作しクラッシュの恐れがない新型メモリーの開発に電機メーカーはしのぎを削っている。

そうした夢のメモリーの1つがレーストラックメモリー。極細ワイヤの磁化の形で情報を記録、その磁気の状態をワイヤ上で自由に移動させて、固定磁気ヘッドで読み取り書き込みをする。ヘッドもワイヤも動かないのでクラッシュの心配がなく動作も高速だ。

発明者は米IBMのパーキン氏。HDDの記録密度の飛躍的向上に道を開いた天才技術者で「フェロー」という同社技術職の最高ポストにある。その氏自ら、レーストラックメモリーの仕組みや魅力について解説している。
posted by gensou-choumazin at 11:06| Comment(0) | 日経サイエンス ハイライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しい記憶でうつ改善、利根川氏らマウスで成功






楽しい記憶でうつ改善、利根川氏らマウスで成功

2015年06月18日 08時17分

 うつ病に似た状態のマウスに刺激を与え、楽しい記憶を思い出させることで、うつの症状を改善することに成功したと、理化学研究所脳科学総合研究センターの利根川進センター長らのチームが発表した。

 将来、うつの新たな治療法開発につながる可能性があるという。18日の英科学誌ネイチャーに掲載される。

 チームは、遺伝子操作したオスのマウスで、メスと遊んだ時に活動した脳細胞を記録し、光を当てると、その細胞が再び活動するようにした。その後、継続的にストレスを与え、うつ状態にした。

 健康なマウスは、尻尾を持ってぶら下げると、起き上がろうともがくが、うつ状態のマウスはすぐに諦める。ぶら下げる際、メスと遊んだ時に活動した脳細胞に、光ファイバーを通じて光を当てると、もがく時間が健康なマウス並みに長くなった。楽しい記憶を思い出し、うつが改善したと考えられるという。

 刺激を受けて活動する脳細胞は、「記憶」「感情」「意欲」にそれぞれ関係する領域をつないでいた。
posted by gensou-choumazin at 11:01| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする