特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2015年06月07日

日経サイエンス 2009年7月16日






宇宙を実感してみませんか

掲載日:2009年7月16日

普段、日常生活の中で「宇宙」を身近に感じることはあまりない。しかし、山や海に行って素晴らしい星空を眺めたとき、私たちの前に宇宙が開けていることを実感するだろう。

宇宙空間において太陽と月、地球という3天体が一直線上に並んだときに起きる天体現象、日食もまた、宇宙を感じることができる貴重な機会だ。7月22日、日本国内で46年ぶりに皆既日食が見られる。皆既食となるのは九州南方に浮かぶトカラ列島周辺だが、他の場所でも部分食は見られる。今回、この世紀の日食の詳しいデータとともに、各地の科学館などで開かれる日食観望会の情報を集めて掲載した。

もう1つ、「宇宙」や「時間」を身近に感じることができる場が、期間限定で東京に設けられた。7月27日まで東京・六本木の国立新美術館で開かれている現代芸術家、野村仁(のむら・ひとし)の大規模な回顧展「野村仁 変化する相─時・場・身体」だ。氏の作品は太陽や月、隕石、化石などを素材としており、今回、その一部を誌面で紹介している。
posted by gensou-choumazin at 13:21| Comment(0) | 日経サイエンス ハイライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。