特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2015年06月13日

ダイコン「太らせる遺伝子」発見…東京農大など






ダイコン「太らせる遺伝子」発見…東京農大など

2015年06月13日 00時45分

 東京農業大学バイオセラピー学科(神奈川県厚木市船子)の三井裕樹准教授(33)と種苗会社などの研究グループが、ダイコンの全ゲノム配列の解明と遺伝子情報データベースの構築に成功し、ダイコンを太らせる遺伝子を発見した。

 品種改良への応用が期待できる研究成果で、三井准教授は「量産化などにつなげ、ダイコンが幅広く使われる和食文化にも貢献できれば」と話している。

 アブラナ科の一年草であるダイコンは世界中で栽培され、特に日本では古くから生産が盛ん。和食にも幅広く取り入れられているが、分子遺伝子学研究はあまり進んでいなかった。箱根駅伝の沿道応援などで披露する「大根踊り」で有名な東京農大でもこれまで、研究は限定的だったという。

 三井准教授は京都大大学院で、全国の海岸に生育する野生ダイコンを専門に研究していた。4年前、東京農大の先端研究プロジェクトに応募し、「ダイコンの肥大化に作用する遺伝子の研究」が採用された。

 以来、最もポピュラーな品種・青首ダイコンを調べ上げ、約6万5000個の遺伝子を見つけ出してデータベース化。ダイコンが徐々に均一に太っていくのではなく、発芽後7〜90日に20回、「肥大スイッチ」が入るタイミングがあることも突き止めた。

 このデータベースを活用した解析で、肥大スイッチを作動させる「SUS1」という酵素遺伝子や、辛味を作る遺伝子を特定した。

 「色や形、栄養素などに作用する遺伝子も将来的には解明できる」と三井准教授。ダイコンと同じアブラナ科のカブやワサビ、キャベツ、ブロッコリーなどにも応用していけるという。

 研究成果は日本時間9日、英国の科学雑誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に掲載され、東京農大のホームページでも紹介されている。(中村良平)
posted by gensou-choumazin at 19:03| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。