特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2015年06月19日

猫はどこからやって来たのか






猫はどこからやって来たのか

掲載日:2009年8月18日

私たちが街中で見かける三毛猫やトラ猫などはいわゆる日本猫だ。ペットショップに行けば高価なペルシャネコやシャムネコなども見られる。世界で広く飼われてるは生物学上、すべてイエネコに分類される。イエネコは人間と切っても切れない動物だが、意外にも起源はよくわかっていなかった。

ネコを飼い始めたのは約4000年前、古代エジプト人だったというのが定説で、遺跡の壁画にネコが数多く描かれているだけでなく、神として崇められてもいた。しかし、それが種としてのイエネコの始まりかというとよくわからなかった。イエネコの祖先はヤマネコではないかと疑われていたものの、確かな証拠はなかった。

この記事の筆頭著者のドリスコル氏らはアフリカとユーラシアの各地にいる合計1000匹近いヤマネコとイエネコのDNAを解析、すべてのイエネコが中東にすむリビアヤマネコから進化したことを突き止めた。種としての起源は約1万年前までさかのぼることもわかった。地中海のキプロス島で約9500年前の墓から成人とネコが一緒に埋葬されているのが見つかったからだ。地中海のほとんどの島に野生のネコはいないので、地中海沿岸地方から人が運んできたことになる。
posted by gensou-choumazin at 18:38| Comment(0) | 日経サイエンス ハイライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。