特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2018年02月27日

民間初の宇宙ステーション、21年に打ち上げへ











民間初の宇宙ステーション、21年に打ち上げへ

2018年02月27日 07時45分

 【ワシントン=三井誠】米宇宙企業ビゲロー・エアロスペース社は、民間で初めてとなる宇宙ステーションを2021年に地球の周回軌道に打ち上げると発表した。

 同社は、宇宙に打ち上げ後に膨らませる独自の折り畳み式の居住棟をすでに国際宇宙ステーション(ISS)に設置するなどの実績があり、将来的には「宇宙ホテル」として活用する構想を持っている。

 同社は、21年に2基を打ち上げる予定。1基当たりの定員は6人、容積は330立方メートルとISSの約3分の1に当たる。

 トランプ米政権はISSへの予算を25年に打ち切り、民間に移行させる方針を明らかにしており、今後、宇宙ステーションを巡る議論が活発化しそうだ。

2018年02月27日 07時45分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
posted by gensou-choumazin at 09:55| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。