特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2018年03月01日

宇宙探査に国際ルール…天体の保護やデータ公開











宇宙探査に国際ルール…天体の保護やデータ公開

2018年03月01日 06時09分

 月や火星などの天体の保護や科学データの無料公開を柱とする、宇宙探査に関する新しい国際指針の全容が28日明らかになった。

 3月3日に東京都内で開かれる宇宙関係の閣僚級会合「国際宇宙探査フォーラム(ISEF)」で合意する。月や火星の探査を巡る各国の動きを踏まえたもので、民間企業との協力も盛り込む。指針は1967年に発効した宇宙条約以来、半世紀ぶりに作られる国際的な基本ルールとなる。

 フォーラムの開催は2014年の米ワシントンに続き2回目。今回は日米欧、ロシアや中国など約50か国・地域の閣僚や宇宙機関のトップらが参加し、探査の際に守るべき指針「国際宇宙探査の原則」と、探査の目標などを示す「共同声明」を取りまとめる。

 読売新聞が入手した文案によると、指針では、無秩序な資源開発などを避けるため、「宇宙空間と天体の保護」を明記する。探査で得られる新たな発見や観測データは、産業の発展にもつながることから、データの無料公開と各国での共有を求めている。
posted by gensou-choumazin at 09:31| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。