特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2018年03月03日

2029年までに脳は機械と融合し、これまでの人間を超える魅力・強さ・知性を備えた「超人」が登場する(グーグルの専門家)











2029年までに脳は機械と融合し、これまでの人間を超える魅力・強さ・知性を備えた「超人」が登場する(グーグルの専門家)

技術的特異点とは、100兆の極端に遅い結合(シナプス)しかない人間の脳の限界を、人間と機械が統合された文明によって超越する瞬間のことで、2045年には訪れるだろうと言われている。

 それがさらに早まり今後12年内、遅くとも2029年までに訪れ、我々を超人に変える、とグーグルの専門家は予測している。

脳に内蔵されたコンピューターで超人誕生

 まるでSF映画のような話だが、グーグル社のエンジニアリング部門ディレクターであるレイ・カーツワイル氏は、1990年代から147の予測を行い、的中率86パーセントを誇る人物である。

 カーツワイル氏によると、サイバネティック社会で暮らす人間は、脳の中にコンピューターを内蔵するようになり、機械の知能は人間を上回るようになるそうだ。

 スマートフォン漬けの人々が代表するように、こうした技術はすでに登場し始めており、次のステップとしてそうした技術と脳との接続が考えられるのだという。

 彼は技術的特異点が2029年までに発生すると予測している。技術的特異点とは、炭素をベースとする知性とシリコンをベースとする知性が融合し、単一の世界意識が形成されることを指す。

2029年までに、コンピューターは人間並の知性を備えるようになります

そして、その人間並の知性を持つコンピューターを人間は自分の脳に内蔵し、クラウドに接続するようになります。自己の拡大です。

それは単に未来のシナリオというだけでなく、部分的にはすでに存在し、加速しようとしているところです。

 とカーツワイル氏は、テキサス州で開催されたSXSWカンファレンスで発言した。


強化人間が人類にさらなる進歩をもたらす

 彼によると、機械はすでに人間を賢くしており、それらを大脳新皮質に接続すれば、さらに賢い思考が可能になるという。

 カーツワイル氏はAIが人類を滅ぼすかもしれない可能性については心配していないそうだ。反対に、コンピューターを脳に移植することで、人類が進歩すると信じているという。

私たちは新皮質が増えるでしょう。よりユーモアになることでしょう。音楽だってもっと上手になります。魅力だって増しますよ……人として持つ価値のあらゆる部分が大幅に向上することでしょう


 機械が人類を追い落とすという未来像ではなく、人間と機械の協調によって人類が進歩するというのがカーツワイル氏が信じるビジョンである。

 SFの世界では、数十年前からナノマシンを人体に注入するというアイデアが存在した。例えば、スタートレックシリーズには人体の細胞を修復するナノマシンが登場する。

 10年以上前、アメリカ国立科学財団は”ネットワークを利用したテレパシー”つまりインターネットを介して思考を送信する技術が2020年代にまでに実用化されると予測した。

究極的にはあらゆることに影響するでしょう……全人類の身体的な欲求はすべて満たせるようになります。私たちは心を拡張するようになり、私たちが重んじる芸術的資質が強化されます

 とカーツワイル氏。

1世紀前から始まった人類の機械的強化

 こうしたプロセスが始まったのは1世紀前のこと。メガネやラッパ形補聴器といった単純な機器によって、人の生活は劇的に改善された。

 つぎに補聴器が登場し、さらにペースメーカーや透析といった機器が現れた。2010年代までには、実験室での内蔵培養・遺伝子手術・デザイナーベビーといったものまで実現している。

 2002年、酵素とDNAを利用する初の分子コンピューターが開発された。2004年には、その改良版が癌患者の血管に注入されている。
 
 1950年代半ばに科学技術で作られた心を指して”特異点”という用語を最初に用いたのは、数学者ジョン・フォン・ノイマンである。彼はこう述べている。

進歩が加速し続ける科学技術と人間の生活様式の変化があって、どうやら人類史においてどこか本質的な特異点が近づきつつあり、それを超えた先では我々が知るような人間生活はもはや不可能になるのではないか
ラベル: 機械 融合 超人
posted by gensou-choumazin at 10:55| Comment(0) | 最新・面白科学記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。