特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2018年03月03日

沖縄など精度低く…日本版GPS衛星の運用延期











沖縄など精度低く…日本版GPS衛星の運用延期


 内閣府は2日、日本版GPS(全地球測位システム)の測位衛星「みちびき」について、位置情報の提供開始が11月1日に遅れると発表した。

 松山科学技術相が2日の記者会見で明らかにした。当初は今春の開始を目指していたが、沖縄県など一部地域では、予定通りの性能が得られていないため、プログラムを改良して対応する。

 みちびきは宇宙から電波を送って地上の位置を正確に測るための人工衛星。誤差6センチ以内の高い精度で位置情報を得られるため、車の自動運転や小型無人機「ドローン」を使った配達など、様々な分野での活用が期待されている。

 だが内閣府によると、沖縄県などの上空では、電離層の状態によっては、衛星からの電波が正確に地上に届かず、精度が低下することがある。このため位置情報を補正するように、システムのプログラムを改良するため、時間がかかるという。

2018年03月03日 10時18分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
posted by gensou-choumazin at 11:02| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。