特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2014年01月24日

温室効果






温室効果

温室効果(おんしつこうか)とは、大気圏を有する惑星の表面から発せられる放射(電磁波により伝達されるエネルギー)が、大気圏外に届く前にその一部が大気中の物質に吸収されることで、そのエネルギーが大気圏より内側に滞留し結果として大気圏内部の気温が上昇する現象。

気温がビニールハウス(温室)の内部のように上昇するため、この名がある。ただし、ビニールハウスでは地表面が太陽放射を吸収して温度が上昇し、そこからの熱伝導により暖められた空気の対流・拡散がビニールの覆いにより妨げられ気温が上昇するため、大気圏による温室効果とは原理が異なる。温室効果とは、温室同様に熱エネルギーが外部に拡散しづらく(内部に蓄積されやすく)なることにより、原理は異なるものの結果として温室に似た効果を及ぼすことから付けられた名である。

温室効果ガスである二酸化炭素やメタンなどが増加していることが、現在の地球温暖化の主な原因とされている。また、金星の地表温度が470℃に達しているのも、90気圧とも言われる金星大気のそのほとんどが温室効果ガスの二酸化炭素なので、その分、光学的厚さが大きいためとされている。しかし、依然として金星大気の地表温度にはなぞが残っており、他にも少量の水蒸気や硫黄酸化物による光学的厚さの寄与や硫酸の雲の効果が影響しているのではとの説もある。一般に、金星の初期形成過程において、大量の水蒸気が大気中に存在し、いわゆる暴走温室効果が発生したのではないかとの説もあるが異論も存在する。
ラベル:温室効果
posted by gensou-choumazin at 05:04| Comment(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

地球温暖化






地球温暖化

概要

地球の歴史上、気候の温暖化や寒冷化は幾度も繰り返されてきたと考えられている。地球全体の気候が温暖になる自然現象を単に「温暖化」と呼ぶこともあるが、近年観測されており、将来的にも百年単位で続くと予想される「20世紀後半からの温暖化」の意味で用いられることが多い。この記事では20世紀後半からの温暖化について説明する。

大気や海洋の平均温度の上昇に加えて、生態系の変化や海水面上昇による海岸線の浸食といった、気温上昇に伴う二次的な諸問題を含めて「地球温暖化問題」と呼ばれる。温暖化が将来の人類や環境へ与える悪影響を考慮して対策を立て実行され始めている。一方で、対策のコストが非常に大きくなると見られており、その負担や政策的な優先度に関して国際的な議論が行われている。

気候変動と気候変化の意味

気候変動(climate change)との用語を、IPCCでは「人為的・自然起源に関わらないすべての気候の時間的変動」として用いている。一方で、UNFCCCでは「人為的なものに起因する気候の変動」の意味で「気候変動」を用い、非人為的なものは気候変化 (climate variability) と呼び区別する。「人為的・自然起源に関わらないすべての気候の時間的変動」を「気候変化」と呼ぶ場合がある。「地球温暖化問題」は「人為的なものに起因する気候の変動」の意味で「気候変動問題」と呼ばれることがある。また、比較的穏やかな語感の「地球温暖化」より危機感を強調するため「地球高温化」と呼ぶ自治体がある[1]。
ラベル:地球温暖化
posted by gensou-choumazin at 11:21| Comment(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする