特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2014年06月16日

パソコンがまた起動エラー。Windows7の仕様ですかね?






 昨日夜遅く、パソコンがまた起動エラーを起こしました。
先日データをバックアップしたおかげで被害はそれほどでもなかったのですが、この間インストールしたはずのVLCプレーヤーが消えてしまっていて、またインストールし直さなければならなくなりました。
うう、またディスクイメージ作らねば。

今度は何が起きてもいいように、外付けハードディスクにもイメージ作ってやります。
…ていうか、ディスクイメージ専用のハードディスク作るしかないですか。

それにしても、Windows7ってよく起動エラー起こしますよね。
そういう仕様なんでしょうか。怖い怖い。


ちなみに最初の起動エラーが起きたのは、2011年の秋で、まだ今のパソコンを買ってそれほど時がたっていないときだったですかね。
このときのエラーはさらに深刻で、
文字通り「深刻なエラーから回復しました」というメッセージも出ました。

今度は、幸いにしてまた起動すると正常に起動しましたが、もしどうしようもなくなった場合は、

Windows7 が起動しない スタートアップ修復が効かないを参照してみてはいかがでしょうか。

しかしこれを見ると、ディスクイメージはもちろん、最悪の場合、サブマシンが必要だなどと書いてありますね。

まずいですよ、これは。
私の手元には現在、使えるサブマシンがありませんから。

というわけで、ブルーライトパニックが去ったと思ったのもつかの間、今度はタブレット購入が待ったなしになってしまいました。

現在私は、使えるサブマシンを持っていません。
先日サポートが終わったばかりのXPのボロマシンしかないからです。
サブマシンをゲットするには、ウインドウズ8のものにするしかありません。

それで、サーフェスを買おうかと思っていたんですが、アマゾンでもヨドバシでも、あまりよくないレビューが散見されます。
よいところは「オフィスがついてくる」くらいで、目立つのは「初期不良の多さ」と、それに対する「マイクロソフトの対応の悪さ」!!
私はパソコンを仕事に使っているのに、故障ばかりされては困ります。

サーフェス…期待していたのに、所詮その程度か。がっくし。

おまけに、けっこう制限が多い、使えるソフトに自由度がないと聞かされて、これもがっくり。

しかし富士通のアローズタブも「不具合がある」…。
いや、これはスタイラスペンの問題か。うーん。あまりパソコンで絵を描かない私には関係がなさそうです。

そして、ヒューレットパッカードのタブレットは、キーボードがついて価格が安いですね。
…と思ったらCPUがセレロンかよ(笑)。すっかり忘れてたが。

ううむ、安く買えるのはいいがのちのち後悔することになりそう。

結論。
価格を優先してヒューレットか、性能を優先してアローズかということになりそうですね。
サーフェス?壊れてばかりだから駄目だなぁ。
アローズはアンドロイド版だとユーチューブが見られないという不具合もあるそうですが。

ちなみにタブレット用のキーボードは、とあるルートで無料でゲットしたので購入は考慮しなくてもよくなっています。
これだけは助かったというか。
posted by gensou-choumazin at 07:11| Comment(0) | 科学&医学系書評・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

メラニンレンズのサングラスいいですね。美容によし、白内障予防によし。






 最近、良く晴れた日にはパソコンメガネをかけて洗濯物を外に干しています。
というのは、このメガネには紫外線カットの効果があるからなんです。

眼鏡店の店員さんが「紫外線もカットするレンズです」と言っていたので、
本当かなと思いつつパソコンメガネかけながらぎらぎらした朝日の中で洗濯物を干してみたんですが、
たしかに「カットしてる」と実感できますね。

メガネかけたままぎらついたまぶしい光を見ても、残像がいつまでも目に残ることはありません。

「いつまでも残像が残る」という状態は、実は目にとってかなり危険な状態。
網膜に大きなダメージを受けているときなんだとか。

飛蚊症悪化の引き金になることも珍しくありません。
この私がそうでしたから。


そうそう、紫外線を目に浴び続ければ白内障にもまっしぐらでしたよね。
これも危ないですわ。


しかし、今日パソコンメガネかけて洗濯物を干そうとしたら、足元が悪いせいか危うくがくっとこけそうになりました。

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!レンズに傷ついたらどないしてくれんねん!!!
2万もしたのにー!!!


というわけで、洗濯物を干すときは↓のメガネを使うことにしました。
紫外線もブルーライトも両方カットしてくれます。

【送料無料】★楽天1位獲得★PCメガネ NEWメラニンPCグラス【メガネケースつき】【PC・スマホ・TV・ゲーム用】【メール便不可】【RCP】【楽ギフ_包装】 - AWESOME-shop
【送料無料】★楽天1位獲得★PCメガネ NEWメラニンPCグラス【メガネケースつき】【PC・スマホ・TV・ゲーム用】【メール便不可】【RCP】【楽ギフ_包装】 - AWESOME-shop

これは度なしですので、これをかければアイアイで視力訓練も安心してできます。
アイアイは視力訓練用のPCフリーソフトですが、ブルーライトが心配でした。

しかも、このメガネに使われているのはメラニンレンズですので、かければ目から入った紫外線のために肌がメラニンを生成したがるのを抑えてくれるそうです。
美容にもおすすめ!

価格もまずまず。これだけの機能がついて地元の眼鏡店のだて眼鏡より安いですね。
地元の店では税込みで3122円でしたから。

しみ、そばかすとブルーライトが気になる女性は、一度試してみてはいかがでしょうか。
posted by gensou-choumazin at 07:40| Comment(0) | 科学&医学系書評・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

やっぱり、「3時のおやつ」は最強だった!?メタボ・糖尿病予防に効果あり






 これまで、糖尿病やメタボを予防するには、「甘いものを食べるなら昼食後にしろ」と言われていたのですが、それを覆す研究結果が出てきました。

それが↓のニュースです。
ブログパーツではりつけても良かったんですが、いつ消されるかわからないのでメモ代わりに。

メタボ、糖尿病で常識覆す研究 スイーツは「昼」より「3時」
2014.6.10 10:27 (1/3ページ)[ダイエット・エステ]

 スイーツなどの間食は体には気になるが、なかなかやめられないのも世の常だ。ただ、食べる時間を考慮すれば結果は違ってくるようだ。昼食に続けて食べるより、午後3時台に食べた方がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や糖尿病になりにくいとされる新研究が発表された。これまでの常識を覆す研究結果は海外でも注目を集めている。(山本雅人)

 ◆血糖値を“上乗せ”

 この研究は、大阪府立大の今井佐恵子教授らのグループが進め、5月に開催された日本糖尿病学会年次学術集会で発表。今井教授らは昨年2月、2型糖尿病患者20人を対象に、「間食」として設定したビスケット3枚を食べてもらう臨床研究を実施した。2日間に分けて昼食に続く午後0時半と、同3時台にそれぞれ食べてもらった結果、午後0時半に食べた方が食後の血糖値が上昇し、血糖値の変動の幅も大きかった。

 午後0時半の方が上昇したことについて、「昼食による血糖値上昇が続いている段階で菓子を取ることでさらに上がるのだろう」と今井教授は分析する。

同研究は、昨年9月の欧州糖尿病学会(スペイン)で先行発表。一つのデータにすぎないとの側面もあるものの、間食の時間帯と血糖値の関係を示す新研究として注目を集めた。

 今井教授は「糖尿病は生活水準の上昇とともに増える傾向があり、中国をはじめ、アジアで爆発的に増え始めている。食べ方一つで予防できる私たちの研究を世界に広めていきたい」と話している。



野菜→タンパク質→炭水化物 「食べ順」が定着

 今井教授は、血糖値の上昇に食事の順番が影響することを研究した第一人者として知られる。

 まず野菜を先に取り、続いてタンパク質のおかず、最後に炭水化物のご飯やパンの順で食べた方が良いことは、今や多くの人に認知されている。これを提唱したのが今井教授だ。

 ただ、単調な野菜では食が進まない人もいることから、5月に『元祖「食べ順」 野菜から食べるおいしいレシピ集』(新星出版社)を刊行。食事の最初のメニューとしてカレー風味のキャベツ浅漬けやこんにゃくステーキを紹介している。

このニュースによると、スイーツを食べるなら3時頃にした方が、血糖値の上昇が少なくてすむそうです。
こんな風に…↓

けっとうち.jpg

今まで「思いっきりテレビ」でみの野郎が言っていたことを鵜呑みにして、食後にスイーツとか食べていた私ですが、
なんだ、結局「3時のおやつ」=文明堂が最強なんですか。ハイそうですか。


昔ながらの和食がいい、といわれているように、おやつの時間も昔ながらのパターンが一番いい、ということなんでしょうね。

ダイエットしたいけどスイーツががまんできない、という人はご参考までに。

posted by gensou-choumazin at 14:55| Comment(0) | 科学&医学系書評・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする