特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2017年12月09日

「もんじゅ」廃炉計画、6日に申請…原子力機構






「もんじゅ」廃炉計画、6日に申請…原子力機構

2017年12月05日 20時55分

 日本原子力研究開発機構は5日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉計画を6日午前に原子力規制委員会に申請することを明らかにした。

 申請に先立ち同機構は5日、県と敦賀市に計画を説明し、廃炉作業の安全対策などに関する協定を締結した。

 同機構の伊藤肇理事が同日、県庁で県幹部に計画を説明。それによると、約30年の全工程を4段階に分け、2022年度までの第1段階で核燃料を取り出す。新しい核燃料は国内外の事業者に譲り渡し、使用済みの核燃料の搬出・処分法は取り出し完了までに検討する。冷却材のナトリウムは、放射能を帯びていないものを18年度に抜き取り、固体化して保管するとした。

 説明を受けた県の清水英男・安全環境部長は「厳しい目を認識して、情報公開の姿勢を持ち続けてほしい」と要望。伊藤理事は取材に「廃炉準備を入念に行ってきたわけではないので、核燃料を取り出す間、詳細に放射能を評価しながら、計画を補正する」と話した。
posted by gensou-choumazin at 11:24| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

シリコンバレーのノーベル賞、細胞研究の森教授






シリコンバレーのノーベル賞、細胞研究の森教授

2017年12月04日 10時36分

 【ワシントン=三井誠】米ネット大手のグーグルやフェイスブックの創業者らが設立した「ブレイクスルー賞財団」は3日、今年の同賞(生命科学分野)に京都大の森和俊教授(59)ら5人を選んだと発表した。

 同賞は「シリコンバレーのノーベル賞」と呼ばれ、賞金は1人当たり300万ドル(約3億4000万円)で、ノーベル賞の分野ごとの賞金の約3倍。森教授は「自分が億万長者になるとは思いもしなかった。これはアメリカンドリームの日本版」とコメントした。

 森教授は、細胞内に異常なたんぱく質がたまるのを防ぐ仕組みを解明した業績が評価された。がんなど様々な病気の治療に役立つ成果として、世界的に注目されている。

 ブレイクスルー賞は、2013年には京都大の山中伸弥教授、昨年は東京工業大の大隅良典栄誉教授が受賞している。
posted by gensou-choumazin at 15:44| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

ボイジャー1号のエンジン、37年ぶり噴射成功






ボイジャー1号のエンジン、37年ぶり噴射成功

2017年12月03日 09時15分

【ワシントン=三井誠】米航空宇宙局(NASA)は1日、太陽の影響下にある「太陽圏」を離れて飛行中の無人探査機ボイジャー1号に搭載され、1980年以来使っていなかったエンジンを37年ぶりに噴射させることに成功したと発表した。

 探査機の寿命を2〜3年延ばすことが可能になるという。

 2014年から姿勢制御に使うエンジンが劣化し始めたため、先月28日、軌道制御の役目を終えて休眠状態にあった4基のエンジンを試し、使えることを確認した。1977年に打ち上げられたボイジャー1号は、2012年、人工物として初めて「太陽圏」を離れ、「星間空間」に入った。現在は地球から約200億キロ離れた宇宙で観測を続けている。

 NASAの担当者は「長く休んでいたエンジンが役目を引き継ぐことができ、うれしく信じられない気持ちだ」とコメントしている。

posted by gensou-choumazin at 10:03| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする