特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2015年07月13日

近大マグロ、日本海でも…奄美から受精卵を空輸






近大マグロ、日本海でも…奄美から受精卵を空輸

2015年07月11日 17時41分

 クロマグロの完全養殖に世界で初めて成功した近畿大(大阪府東大阪市)は、富山県射水市海竜町の同大水産研究所富山実験場で、クロマグロの稚魚の飼育研究に挑む。

 同大はこれまで主に、太平洋側の和歌山県と鹿児島県・奄美大島のいけすで繁殖に取り組んでおり、日本海の海水を用いた水槽で育てるのは初めてとなる。

 近畿大によると、今月18日、奄美大島から直径約1ミリの受精卵約150万粒を空輸などで富山に運ぶ。搬入から2日ほどで、全長3ミリほどのクロマグロの稚魚が孵化する見通しだ。

 最初は、富山湾から海水を引き込んだ直径約6メートル、容量約30トンの水槽の中で育てる。1か月ほどたち、体長が6〜7センチまで順調に成長すれば、同大が所有する中で最大級の直径10メートル、容量約200トンの大型水槽に移し、飼育に取り組む予定だ。

 稚魚は体長10センチ以上になった時点で、大半を民間の養殖業者などに出荷するが、一部は水槽内でどれだけ成長するかを調べるため、飼育を続ける方針という。

 刺し身やすしなどで食され、日本人になじみ深いクロマグロは、乱獲によって産卵できる成魚の数が世界的に減少している。近畿大は、天然資源を守るとともに、マグロの安定供給を図るため、人工飼育で成魚に産卵させ、生まれた稚魚を育て、再び産卵させる「完全養殖」のサイクルに挑戦し、2002年に世界で初めて成功した。現在、太平洋側にある直径30メートル以上のいけすで、3〜4年かけて食用になる30〜60キロ・グラムの重さまで育てている。「近大マグロ」の愛称で出荷され、味にも定評がある。

 一方、日本海側の富山でクロマグロを飼育するのは初めてのため、課題もある。富山実験場の職員によると、豊富な雪解け水が流れ込む富山湾は、1年を通して海水温が低く、5月時点で比較すると和歌山県沖の太平洋より10度近く低い。水槽の温度を調整しながら育てる考えだが、日本海の海水がマグロの成長にどのような影響を及ぼすかは未知数だという。

 今回搬入される卵は約150万粒あるが、うまく餌を食べられなかったり、ある程度大きくなっても光に驚いて水槽に衝突して死んだりするケースもあり、成魚になるマグロは限られる。富山実験場の担当者は、「卵からいかにより多くのマグロを成長させられるか、腕の見せ所になる」と話している。
posted by gensou-choumazin at 06:51| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

メタンハイドレート保管・研究へ…鳥取県と明大






メタンハイドレート保管・研究へ…鳥取県と明大

2015年06月21日 11時05分






 日本海にある次世代エネルギー・メタンハイドレートの調査・研究を支援しようと、鳥取県は今年度、明治大学と協力して採取した地質試料の保管場所兼研究スペース「鳥取メタンハイドレートコア研究センター」を鳥取市内に整備する。

 県は研究環境を整えることで鳥取をメタンハイドレート研究の拠点としたい考えだ。

 県は、2012年頃からメタンハイドレート研究に着目。教育や研究活動などで連携する包括協定を結ぶ明治大学で同研究にあたる松本良・特任教授のアドバイスを得ながら、鳥取大学大学院に専門的に研究する寄付講座の開設を予定している。

 明治大学では、海底から採取した地質試料の保管庫が手狭になっていることから、県が保管場所の提供を申し出た。

 センターは、鳥取港湾事務所(鳥取市港町)1階を改修。有機物などを含む試料の腐敗を防ぐため、広さ約130平方メートルの大型冷蔵庫を設置する。プラスチック製の容器に入れた試料約2000〜3000本を保管できるという。1500万円以上という冷蔵庫の設置費用は、明治大学が負担。県は電気設備の工事などスペースの改修費290万円を県議会6月定例会に提案している。

 夏頃の稼働開始を目指しており、県環境立県推進課は「あらゆる場所の地質試料が保管されれば、おのずと研究者も集い、日本海側の一大研究拠点となる」と期待している。
posted by gensou-choumazin at 11:36| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

楽しい記憶でうつ改善、利根川氏らマウスで成功






楽しい記憶でうつ改善、利根川氏らマウスで成功

2015年06月18日 08時17分

 うつ病に似た状態のマウスに刺激を与え、楽しい記憶を思い出させることで、うつの症状を改善することに成功したと、理化学研究所脳科学総合研究センターの利根川進センター長らのチームが発表した。

 将来、うつの新たな治療法開発につながる可能性があるという。18日の英科学誌ネイチャーに掲載される。

 チームは、遺伝子操作したオスのマウスで、メスと遊んだ時に活動した脳細胞を記録し、光を当てると、その細胞が再び活動するようにした。その後、継続的にストレスを与え、うつ状態にした。

 健康なマウスは、尻尾を持ってぶら下げると、起き上がろうともがくが、うつ状態のマウスはすぐに諦める。ぶら下げる際、メスと遊んだ時に活動した脳細胞に、光ファイバーを通じて光を当てると、もがく時間が健康なマウス並みに長くなった。楽しい記憶を思い出し、うつが改善したと考えられるという。

 刺激を受けて活動する脳細胞は、「記憶」「感情」「意欲」にそれぞれ関係する領域をつないでいた。
posted by gensou-choumazin at 11:01| Comment(0) | 読売 最新科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする