特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2017年12月01日

自分で決めたことなのに、いつまでも本当にそれでよかったのかと悩んでしまう。 「FOBO(良い選択じゃないことを過度に恐れる)」に対する対処法






自分で決めたことなのに、いつまでも本当にそれでよかったのかと悩んでしまう。
「FOBO(良い選択じゃないことを過度に恐れる)」に対する対処法


人生は日々選択を迫られる。例えば今日着る服や食べる物など個人的なことから、友人の誘いや愛の告白、組織内に所属しているのなら様々な業務にかかわることなどなど。

 あまり考える時間がないのに決断を下した場合などは、本当にこれでよかったのかと悩む場合もあるだろう。

 だが、数日前に決めたことなのに、いつまでもそれでよかったのかとクヨクヨしてしまう、いつまでもそれをひきずってしまう。

 単なる優柔不断と切り捨ててしまうのは簡単だが、そこにはこんな現象がかくれている。FOBO(Fear of a Better Option)は、自分が良い選択をしなかったことを過剰なまでに恐れることを言う。

 最新の研究によれば、完璧な選択を過度に求めような人に一般的な現象で、こうなると選ばなかった選択肢についていつまでも気に病むようになる。

 FOBOは不満や後悔を抱かせる。そして決断の結果ではなく、決断のプロセス自体が健康や幸福感に悪影響を与えるようになる。

研究で分かったFOBOになりやすい追求者のタイプ

『パーソナリティ・アンド・ソーシャル・サイコロジー・ブルティン(Personality and Social Psychology Bulletin)』に掲載された論文では、カナダ、ウォータールー大学の研究チームが一連の実験を実施し、”追求者”のタイプを調査した。

 ここで言う追求者とは、意思決定の際、絶対的に最高の選択肢を見つけるために広範な調査を行う人だ。

 そうした人は、お昼を注文するためにメニューを3回読み返したり、旅行先を決めるために世界中のあらゆる旅先を検討するかもしれない。

損か得かを追求するタイプは比較的安全

 追求者の1タイプが、”プロモーション重視”タイプだ。このタイプは、経済的・社会的なことなど、最大の利得が得られる選択を求める。実験では、このタイプの人はかなり決断が速く、その選択に満足し、後悔することも少ないことが明らかになっている。

人にどう見られるかを追求するタイプはFOBOになりやすい

 また別のタイプが”評価重視”タイプだ。選択肢を吟味し、他人ならどうするだろうか、友達にどう見えるだろうかといった様々な要素を考慮する。このタイプは選択肢を何度も何度も検討し、すでに捨てたはずの選択肢も反芻する。

 「このタイプの人の思考は、『正しいことが分かるまで何もしたくない』です」と筆頭著者のジェフ・ヒューズ(Jeff Hughes)博士は話す。「役に立つときもありますが、いつまでも評価を繰り返して、決断できない状態に陥ってしまいます」

 こうした習慣があると、実際に選んだ選択を楽しめなくなるばかりか、うつや物事の先延ばしにもつながる。「決めたことにいつも不満を感じたり、後悔していたりすると、人生の満足感が低下するといった非常に悪い影響が出てきます」


一度決めた決断をクヨクヨ悩まない方法

 では、どうすればFOBOを避けられるだろうか? ヒューズ博士の研究は問題を特定するだけで、その解決方法については何ら触れていない。が、いくつか提案があるそうだ。

 「大雑把に言って、今回の研究は、悪い選択肢を手放すことを思い出させる手助けになるかもしれません」と博士。

1.消去法を使用する


 決断するときはあらゆる選択肢を導き出す。そして良くないと思ったものを外していく。そのときに役に立つのは自分の直感だ。なんとなくいやが予感がするという感覚はわりとあてになるものだ。


2.評価基準を作り一度選んだらあとは忘れる。

 ★5つ評価などの「十分満足できる」の基準を採用しよう。満足できる最低基準を考えて、それを上回る選択肢を探す。

 そして、それを選んだら、あとは忘れよう。決定を単純化すれば、もっと重要なことに時間を使うことができる。


3.決断までの時間制限をもうける

 それでもダメなら、制限時間を設けよう。追求者は、もっといい選択があるはず、とできるだけ決定を遅らせようとする。一見、スマートに思えるが、それは彼らが「でももし?」と考え続け、堂々巡りを繰り返しているということを意味する。

 例えば「飛行機のチケットについて30分だけ調べる」といった具合に宣言するのだ。その制限時間内で最良のチケットを購入し、次のことを行う。

 「意思決定においては、時間もまたコストであることを思い出しましょう。その時間はもっと大切なことを決定するために使うべきでしょう?」と博士は言う。
 

 ただしヒューズ博士は、意思決定の質については触れていない。そのため、そうやって決めたことが最良の結果につながるとは限らない。

 しかし自分の決断について、ずっと気分良くいられることだろう。決断をするということは覚悟を決めるということだ。覚悟を決めた人間は強い。

 例え最良の選択ではなかったとしても悔やんでいる暇はない。なぜなら人生は選択の連続で、次に決断しなければならないことはもう目の前にあるのだから。人生にリセットボタンはないと言われているが、何度も分岐点を選ばなければ前に進めないし、後戻りは決してできないことになっている。
posted by gensou-choumazin at 09:15| Comment(0) | 心理学・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バックドア






バックドア

バックドア(英語: backdoor)とは、直訳すれば「裏口」または「勝手口」のこと。防犯・犯罪学などでは、「正規の手続きを踏まずに内部に入ることが可能な侵入口」を指している。この記事では、主にコンピュータセキュリティの用語としてのバックドアについて述べる。

概要

コンピュータセキュリティ用語としてのいわゆるバックドアは、本来はIDやパスワードを使って使用権を確認するコンピュータの機能を無許可で利用するために、コンピュータ内に(他人に知られることなく)設けられた通信接続の機能を指す。
バックドアには、設計・開発段階で盛り込まれるものや、稼動中のコンピュータに存在するセキュリティホールを使って送り込まれたソフトウェア(トロイの木馬と呼ばれる類の偽装ソフトウェア)によって作られるものも含まれる。広義には、機能上の欠陥から本来許可すべきではない通信や操作を受け入れてしまうセキュリティホールも含まれる。コンピュータウイルス感染により、バックドアが取り付けられたコンピュータの状態を指して「ゾンビコンピュータ」と呼ぶ事がある。
posted by gensou-choumazin at 09:07| Comment(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

イギリスで人工胚の作成に成功。ヒトクローンの実現へ向けて一歩前進






イギリスで人工胚の作成に成功。ヒトクローンの実現へ向けて一歩前進


英ケンブリッジ大学が人工的にマウスの胚を作成することに成功したそうだ。人間の複製が可能になるのも間もなくかもしれない。

 マウスの胚構造は、実験室で成長させた幹細胞を利用して作成された。幹細胞から成長した原始胚は、子宮内で通常の発達プロセスを経て誕生するものと同じ内部構造を有していたという。

 実験の目的は、着床に先立つ胚の発達について理解を深めることである。

遺伝子改変マウス細胞と細胞外マトリックスで人工胚が誕生

  ES細胞のみを用いて胚状構造を育てようという試みが、これまで限定的な成功しか残せなかったことを考えると、前進へ向けた重要な一歩であると言える。

 「私の目には自然の奇跡と映りますが、そのプロセスを理解しようともしています。発達の最初期段階において自己組織を作り上げるこうした力を理解し始めているのですから、非常に素晴らしいことです」とマグダレーナ・ゼルニカ=ゲッツ(Magdalena Zernicka-Goetz)教授はコメントする。

 チームが利用したのは、”万能細胞”と知られる遺伝子改変マウス細胞と、その細胞が成長する基盤となる”細胞外マトリックス”という三次元の足場だ。ここから作成された”胚”は、自然なマウス胚とほとんど同じだった。

ヒト胚への応用も期待

 ゼルニカ=ゲッツ教授は昨年、胚を14日間生存させる方法を発見していた。これは精子や卵子の提供がなくても実験用の胚を複製できるということであり、さらに胚の複製にまつわる倫理的な問題もクリアできる可能性を秘めている。

 「胚細胞と胚体外細胞がお互いと会話を始め、胚のような外見と振る舞いをする構造へと組織化します」とゼルニカ=ゲッツ教授。

 これをヒト胚で実験していれば、遺伝的活性によって受胎直後の哺乳類の発達が変化する様子が分かるため、流産や不妊の原因も解明されるかもしれない。妊娠は6回に1回の割合で流産になる。現時点ではその仕組みについて明確な答えはない。
「ここで得た知見を人間に当てはめれば、多くの人間の命が失われる段階での発達を理解する上で大いに役立つでしょう」

 一方、今回の人工胚が自然のものに非常によく似ているとはいえ、健康なマウスの胎児に発達する可能性は低いようだ。それには卵黄嚢という、胚に栄養を与え、血管が形成される袋が必要となるからだ。

 現在、体外受精からのヒト胚の残滓で実験が行われている。しかしそれでは不十分であり、かつ現行の法律の下では最大14日までしか保持することができない。

 なお、こうした実験は、遺伝子改変人間やヒトクローンの出現へつながると懸念する向きから批判されてきた。この種の実験を禁止する世界的な規制は存在しておらず、規制のない国でそれが生み出されてしまう可能性は否定できない。
posted by gensou-choumazin at 08:34| Comment(0) | 最新・面白科学記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タブレットPC






タブレットPC

タブレットPC(英語:tablet PC)とは、2001年に発表された、タッチインターフェースに対応したマイクロソフト社のMicrosoft Windows XP Tablet PC Edition及びその後継OSがインストールされたタブレットの一種。
平板状の外形を備え、タッチパネルあるいはペン入力操作(タッチインターフェース[1])に対応したディスプレイを搭載している。
なお、「タブレットPC」と言う表記は、タブレット端末(タブレット型コンピュータ)全般を指すこともある。

概要

タブレットPCでは携帯情報端末などと同様に指もしくはペン型のポインティングデバイスで液晶ディスプレイの表面に実装されたタッチパネルをなぞることで、マウスと同様の操作と、手書き文字や絵・図形などの入力ができる。マウス操作に比べてコンピュータに不慣れな人でも直感的に操作できるとされ[2][3]、本体を片手で保持して立ち仕事などでも使用できる。
タブレットPCの構想は20世紀末からあったが、実際の製品は、2002年にWindows XP Tablet PC Editionが登場した時点でハードウェア各社から対応製品が登場した。
2010年にアップルがiPadを発売してタブレット端末の市場を開拓したことや、AndroidOSを備えたスマートフォンや一回り大きなAndroidタブレット端末が登場したことで大きく普及したが、2012年に発売されたWindows8以降のWindows OSはインターフェースがタッチパネル操作を意識したものとなり、プリインストールされた廉価なWindowsタブレット端末も本格的に発売され、高価格帯のものも含めてさまざまなタイプの製品が普及するようになった。
これらの製品は、従来からの x86/x64版 Windows PC用ソフトウェアを利用でき、従来同様のパソコンとしての用途も必要としている利用者層の需要を考慮している[4]。
posted by gensou-choumazin at 08:24| Comment(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする